微細プラスチック汚染の実態

 

今回は海洋汚染の話です。今この微細プラスチック汚染が話題になっているのを知っていましたか?

知らないうちにあなたも関わっているのかも知れないこの環境汚染について解説いたします。

東京湾のイワシ約8割から微細プラスチック


先日こんな発表がされ、大きな問題となっています。東京湾のイワシ約8割の胃腸から微細プラスチックが発見されたというものです。

この微細プラスチックと言うのは、直径5ミリ以下のプラスチックのことです。原因と言うのは排水やプラスチックごみなどからの分解されたものを魚が餌と勘違いし、食べてしまうというものなのです。

微細プラスチックは洗顔剤や歯磨き粉などの研磨剤として使われており、それが汚水と共に川に流れ込み、海へと流れ出ます。(この場合通常時は下水処理場で処理されていますが、大雨などで流れ出てしまうそうです)

また、ペットボトルやビニール袋などのゴミが紫外線により分解され、こういった微細プラスチックになるという原因もあります。

微細プラスチックは有害な物質を吸着すると言う性質があり、これが環境汚染となって出てくるというものなのです。

東京湾は多くの下水が流れてくる箇所であり、特にこの微細プラスチック汚染については酷いとされている場所です。

この微細プラスチック、自然環境下では分解されることが無い為、汚染が蓄積される状態のままなのも問題です。まだ直接的な影響は研究段階ですが、近いうちに発表されることでしょう。

環境を汚染しない為のポイントとは?

pura1
まず、第一に海にゴミを捨てないということと海をキレイにするということがあります。そして通称マイクロビーズと言われているものが入っている洗顔料や歯磨き粉などを日常的に使用することをやめましょう。この2点を守るだけでもかなり違ってきます。

メーカー側などの努力が必要になることでしょう。さらにハード面として下水処理場の能力と上げるということがありますが、これは環境面から言ってもコストがかかりすぎます。(大雨が増えていることもありますし・・)世界的にも問題になっているので、早急な対策が求められます。

東京湾だけでなく全国各地で研究は行われており、日本近海の新たな環境汚染としてこれから注目を浴びるはずです。(現に注目を浴びつつあります。)

是非覚えておいて適切な対処をしたいものです。ちなみに私は使っている洗顔料と歯磨き粉を変えることにしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。