日本でのUberの使い勝手はどうなの?

 

あなたはUberって聞いたことありますか?タクシーとは違うハイヤーのサービスのことで日本ではまだ東京でしか広まっていません。

そのサービスとは何か?危険性はあるのか?果たして日本では広まるのか?いろいろ検証してみます。

Uberとは?



Uberとはタクシー・ハイヤー配車サービスアプリを利用した業態ということになります。

Uberの利用者は専用のアプリを登録し、いつでもどこでもタクシーやハイヤーが呼べます。(現在、日本では東京の山手線内側南側一部地域と羽田・成田空港だけですが・・)

また、Uberの運転手はタクシーに必要な大型二種免許が不必要なことからタクシー業界の規制緩和になるとされています。(日本ではまだです)

本来は、利用者はより近くの空いている車を使うことが出来、運転者は空いている時間を利用して、自家用車を有効活用するマッチングサービスということになっています。

いち早く福岡市がこのサービスを導入しようとしたところ「白タク行為にあたる(当然ですが・・)」と言う指摘を受け、サービスを停止したと言う経緯があります。

本来の目的であれば、地方などタクシーの無い過疎地域などの交通手段になり得ないかと今注目されているところです。

Uberの先進国アメリカでは?

uber1
Uberの先駆けアメリカでは「安い・早い・乗り心地が良い」とかなりの好評を博しています。

そもそもアメリカではタクシーは道端で止めるものでは無く、電話などによって呼び寄せるスタイルだったことからこのUberサービスは非常に受け入れられやすかったということがあります。

また相互評価システムのことから運転手と客お互いにマナーが良いようにするべく努力するところがあり、車の質や運転手の質など良い面が沢山あります。アメリカではこのUberは定着しつつあるシステムになっています。

Uberの危険性

uber2
そもそも運転手になるのにしっかりとした身元調査が無い為、その素性の危険性が指摘されています。

インドなどでは強姦事件などが発生したり、アメリカでも連れ去り事件が発生したりしています。この安全性はしっかりと保証される必要性があります。

日本では広まるのか?

uber3
日本ではタクシー会社などと連携してサービスが展開されていくものと考えられています。すでにLINEがタクシー配車サービスであるLINEタクシーをスタートしましたが、同様に展開していくものと同時に規制緩和などで地方などへの広がりが始まることも考えられます。

陸の孤島地域が多い日本では特にお年寄りの病院への通院手段などへの活用への期待なども高まっています。今現在は一部の社用族などの利用に留まっているようですが、しっかりとした相互評価の仕組みなどは利用する点においても非常に良い面ですね。

多くはタクシーよりも高級車な場合が多く、それで料金面ではそんなに変わらないというような感じです。今後の広がりが期待されます。それと同時に日本では白タク行為にあたるという法律面をどのようにクリアするのかと言う点が大きなハードルになることでしょう。

このサービス、まだまだ定着するのに時間がかかりそうですが、良い面と悪い面をしっかりと見つつより便利に安く移動できる手段として定着していけば良いと思います。特にタクシーの無い地域での利用などが今後このサービスが広まっていくカギでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。