今や第3のペットと言われている「うさぎ」の飼い方は?part3

 

usa1
全国に増え続ける“うさぎカフェ”。可愛い“うさぎ”と触れ合えるとあって人気は上々!!ペットとして人気が高まるにつれ、うさぎ飼育グッズも充実してきるように思います。

うさちゃんと楽しく暮らそうpart3.です!

1.「うさぎ」が飼われ始めた歴史は?

現在ペットとして飼われている“うさぎ”のルーツは、ヨーロッパ原産の野生のアナウサギです。100~150種類以上と言われるペットうさぎの歴史は、紀元前のローマ帝国まで遡ります。

野生のアナウサギ属を食用として、飼育目的に合わせて改良したのがペットうさぎの始まりなんです。

日本では、あまり馴染がない「食用のうさぎ肉」ですが、ヨーロッパアナウサギの肉は脂肪が少なく、高タンパク質と言われています。

ちなみに日本に住んでいる在来種のうさぎは、全てノウサギ属なのでヨーロッパのうさぎとは別物なんです。ノウサギは定住する住みかを作らずに、一匹で野を駆けて暮らす活動的な動物です。
usa2

※詳しく分けると4種類です。

*ニホンノウサギ…本州、四国、九州等、日本広範囲に生息。主に草原や森林で、群れや特定の巣をつくらずに行動。

*エゾユキウサギ…北海道全域の低山帯や伐採跡地に生息。冬になると、耳の先端だけを黒く残して、真っ白な被毛になるけれど夏の間は茶色の被毛。足裏の密生した被毛が雪の上での滑り留めとして役立つ。

*エゾナキウサギ…北海道中央部、大雪山系日高山脈などの標高400m~2200mのガレ場に暮らすとても小さなウサギ。鋭く甲高い鳴き声の為、別名「ナキウサギ」としても有名。
usa3

*アマミノクロウサギ…奄美大島と徳之島だけに生息している、原始的なうさぎで日本固有種で特別天然記念物に指定されている。眼や耳が小さく、後脚が短い。長い爪で斜面を登ったり、穴を掘るのが得意。

一方のアナウサギは地下に巣穴を作り、集団で暮らす静かな動物。英語でもアナウサギ属は「ラビット(rabbit)」、ノウサギ属は「ヘア(hare)」と違うんです。

野生のアナウサギは、森や草原、畑などの地下に定住するための巣穴を掘ります。ペットうさぎの「狭いところだと安心する」「夜行性」等の習性はアナウサギのもの。

“うさぎ”がペットとして飼われるようになったのは、16世紀頃のヨーロッパでのことだそうです。当時は貴族達の間で、膝の上でなでられる動物がペットとして流行っていました。

主流は小型の犬や猫でしたが、おとなしくて毛並みの美しい“うさぎ”も注目されはじめ、そこから品種改良ブームが始まったそうですよ。
usa4

“うさぎ”が日本に渡ってきたのは16世紀頃オランダからです。

明治以降、日本の軍事主義が拡大し、日清・日露戦争が激しくなるにつれ、毛皮は衣料に肉は食料として利用されました。“うさぎ”は安価で簡単に繁殖ができるため、国から飼育を奨励されたのです。

その頃の日本では「白い毛に赤い眼」という日本白色種が各地で飼育され、昭和4年にはその数は全国で660万頭だったそうです。第二次世界大戦後は、“うさぎ”が家畜として飼われることは激減し、医学の実験用やペットとしての飼いうさぎが多くなっていったのですね。

2.「うさぎ」を飼う上で、どんなことに気をつければいいの?

◆苦手な季節は?

アナウサギを祖先とする、一般的なペットのうさぎさんたちは、暑さと湿気がとっても苦手です。だから、日本で育てる時は、梅雨と夏の季節は室温調整などに気をつけましょう。

そのかわりに冬の寒さには結構強い!!まぁ、室内飼いが中心ですから、冬の部屋の中は暖かいので問題なしです。

我が家では、夏場はペットボトルに水を入れて冷凍庫に入れておいてカチカチに凍った物をケージの中に入れておきます。ヒンヤリして気持ちよさそうですよ~。ペットボトルの水滴をなめたりしてます!

◆食べては(与えては)ダメな物はあるの?

うさぎが草食動物なのは、ご存知ですよね?ペットショップには、総合栄養食であるラビットフード(ペレット)が多数販売されています。迷った時は、獣医さんに相談するのも良いと思います!

干し草(チモシー)は、必ず与えてください。それから、うさぎは水を飲まないなんていうとんでもない間違った情報が……。清潔な水は欠かさないようにしてくださいね!

※ペレットは原則1日2回なんですが、うさちゃんによっては少しずつに分けた方が体調が良い子もいます。食べ残しなどがないかどうか見ながら、その子に合った与え方を見つけてあげましょう!!

《与えても良い野菜・果物》♪できるだけ新鮮なものを♪
usa5 usa6

にんじん、かぼちゃ、キャベツ、ブロッコリー、小松菜、カブの葉、さつまいも、きぬさや、とうもろこしなど。りんご、みかん、バナナ、苺などの果物は甘いので、うさちゃんは凄く喜びます!ただ、喜ぶからと与え過ぎには注意しましょう!!

※レタスはトマトなど水分の多い野菜やマメ科の植物もあげるとしても少量にしましょう。特に子うさぎには注意しましょうね。

《うさぎに与えてはいけない食べ物》
usa7 usa8 usa9 usa10

ネギ類、玉ねぎ、ニンニク、にらやピーマンも与えないでください。生姜、アボガドも厳禁です!!

チョコレートやコーヒー、紅茶、お茶など、カフェインやテオブロミンなどの成分が含まれる食べ物や飲み物も、うさぎにとって必要ないどころか、毒にさえなりますので、絶対に与えてはいけません。床に落として、うさちゃんが間違って口に入れないように気を付けてあげてください!

★人間の食べ物(肉や魚)のほとんどを食べることができません。もし食べたとしても、消化できなかったり、場合によってはそれがもとで、体調を壊したり死んでしまうこともあります。絶対に与えないでください!!

◆うさぎはお風呂に入れた方が良いの?

うさぎは元々、猫と同じように自分で毛繕いをしますので、それほど体臭が気になることは無いと思います。けれど、足裏やお尻周りが汚れやすいので、気になるならお風呂に入れても問題はありません。

ただ、多くの小動物がそうであるように“うさぎ”も、とても臆病な動物です。

お風呂に入れる時のシャワーや水が流れる音、ドライヤーの音などが大きなストレスになる事があります。そのストレスからパニックをおこし、暴れて足の骨を折ってしまうなど、思わぬ事故を引き起こす事も考えられます。お風呂に入れる時には、充分な注意が必要です!!

《うさぎをお風呂に入れる時の注意》

*お風呂は、生後2か月を過ぎてからにしましょう。

*湯温は、体温の1~2℃プラス(うさぎの体温は38~40℃です!)

*嫌がっているかどうかに注意して、優しく手早く、様子をみながら行いましょう!

*特に汚れがちなお尻周り、足裏、喉の辺りを動物用シャンプーで洗いましょう。

*入浴後は体に水分を残さないように、シッカリとタオルで拭いてあげてください。

*ドライヤーは、できるだけ音の小さなタイプを準備しましょう。

※汚れた所だけに使える「ドライシャンプー」などもありますから、うさちゃんに無理はさせないでね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。