今や第3のペットと言われている「うさぎ」の飼い方は?part5.

 

usg1
うさぎの平均寿命は約5~10年だと言われていますが、病気等、先天性の疾患等で早く亡くなる場合もあります。家族として迎え入れた可愛いうさちゃんですが、いずれお別れの時は必ずやってきます。

うさぎに限らず、ペットを飼い始める時に亡くなる事を考える人はあまりいないと思いますが、できるなら考えておいた方が良いと思います。

今まで毎日暮らしていた“うさぎ”が亡くなる・・・本当に寂しいです。「ペットロス症候群」にならないためにも、飼う前に少し考えましょう。そして亡くなった時は自分を責めないようにしましょう。

ついつい、もっと早く体調の変化に気づけなかったのか!などと、しばらくは残ったフードやうさちゃんがいないケージを眺めては涙が溢れてしまったり・・・でも、うさちゃんは、きっとあなたと一緒に過ごせてとても幸せだったはずです。あなたが幸せだったように!

1.うさぎが亡くなった後見送る方法は?

庭に埋葬する。

自宅に庭がある方は庭に埋葬するのも良いでしょう。ただ、その場合は深さ1m以上の深い穴を掘るのが良いとされています。浅いと“野良猫”などに掘り返されてしまうかも…それだけは避けたいですよね!自宅以外の公共の土には埋めてはいけません。気を付けましょう!

ペット霊園・葬儀会社を利用する。

最近ではペット専用の葬儀会社やペット霊園のサービスがあります。マンションに住んでいる場合は敷地内に埋葬できませんから専門の業者に依頼するケースが増えているようです。火葬のコース等、いろいろあるので、自分にあった見送り方をしましょう。

自治体を利用する。

各保健所等で動物専用の火葬をしてくれる所があります。この場合、他の動物と合同火葬になりますので、自分が飼っていたうさちゃんの骨を残す事はできません。

2.ペットの葬儀会社を利用した場合の費用などは?

最近では、ペットの葬儀を専門とする業者も増えてきていますが、きちんと火葬もせず遺棄してしまうという悪徳業者もいるとニュースで観たことがあります。今や誰もが知っているような大手企業もペット葬儀に参入しているようです。

大切な家族の最期を任せるのですから、“亡くなった時はどうするのか”をシッカリと事前に調べておくことは大切かもしれませんね。

◆あの『イオン』もペット葬儀に参入しています!システムは、どうなっているのでしょう?

ペットが亡くなった場合は「イオンのペット葬」に電話すると、(0120-935-403 / 24時間365日受付:通話無料)イオンが定める50の品質基準(移動式火葬を行わない、明瞭な料金設定、霊園や供養堂など安心してご供養できる施設を持っているなど)をクリアした葬儀社・動物霊園を案内し、火葬から納骨、埋葬、供養までを霊園内で執り行います。

住所・ペットの種類を入力すると、上記の条件をクリアした霊園と料金が提示されます。

《例.宝塚動物霊園 本院の場合》小鳥や小動物の料金です。

*合同葬…18,360円(税込)から

*個別葬…27,000円(税込)から

*返骨葬…34,560円(税込)から

*納骨葬 (個別霊座)…45,360円(税込)から

*納骨葬 (区画霊座)…131,760円(税込)から

*永代葬…259,200円(税込)から

*納骨葬 (個別墓地)…304,560円(税込)から

※うさちゃんなどのペットが亡くなった時、しばらく家で安置しなければいけません。そういった、飼い主の不安にも対応してくれています。イオンのホームページはこちらです。

ペット葬儀110番…引取りから個別火葬まで対応

大きさ、体重により料金プランが明確に定まっています。北海道から沖縄まで、深夜・早朝・土日祝含め、24時間365日、常に受付スタッフが待機して対応してくれるそうです。0800-805-7257(通話料無料)

※全国の霊園を紹介してくれます。

ペット葬儀110番のホームページはこちらです。

3.可愛がっていた“うさぎ”の思い出を何か形にして残したい時はどうすれば良いの?

usg2 usg3
ペットのお墓や仏壇にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

ペットのお墓、供養の方法を選ぶ上で『費用』はやはり大きな要素のひとつですよね。

*合同供養塔の利用…無料~数千円が中心ですが、形には残りません。

ペット霊園で火葬した場合にそのまま埋葬できるところがほとんどで、費用はペット火葬料金に組み込まれており新たに発生することはないようです。

ただ、火葬後しばらく骨壷を手元に置き、後日に埋葬する場合や、他所で火葬したものを別の霊園に埋葬するときは数千円~数万円の費用が発生することが多いようです。

*納骨堂利用のとき…年間1万円~数万円が中心。

納骨堂も手軽のものから豪華なものまでありますから確認が必要ですが、一般的な納骨堂の料金は年間1万円~数万円での契約となっているものが多いようです。

*ペット霊園の墓(ペットのお墓~個別墓地)…10万~数十万円

通常は個別で名前などを彫った墓石をおいて供養します。大きさや質によりますが、費用は通常10万円~数十万円のものが一般的のようです。また、年間の維持管理費も別途かかることが多いですね。

*自宅に骨壷を置いて供養する。(ペットの手元供養、自宅供養)…数千円~数万円

usg4 usg5
ペット用ミニ仏壇、ミニ骨壷、フォトフレームなどさまざまです。

*その他の供養の方法…形には残りません。

海や山へのペットの散骨(海洋葬、山林葬)なども少しずつ広がっているそうです。その場合は遺骨を散骨(パウダー状に)して実施します。散骨も通常数万円のコストがかかるといわれますが後々の費用がないのが大きな特長ですね。

※ペット霊園や葬儀社によってシステムも価格もそれぞれ違いますので、必ず事前にしっかりと確認しましょう!!

*位牌

usg6 usg7
白木の場合…参考価格:5,400円(ご住職に手書きで書いていただきます。)

黒塗りの場合…参考価格:21,600円(文字は手彫り、ご住職に入魂の読経をしていただいた後に送付。)

ペットの名前・種類・没日・享年・保護者の名前を注文の時に連絡します。

※黒塗りの場合は、申し込み後からお届けまで2週間ほどかかります。

*遺骨カプセル…いろんなタイプがあります。

usg8 usg9
一例:ペットちゃんのシルエットで作る木製チャーム付き遺骨カプセル…参考価格:2,760円

預けた写真を元にシルエットを作り、名前と没年月日を入れてくれます。遺骨カプセルには“遺骨”はもちろん、毛や歯、爪など、小さな遺品を納めて一緒にお出かけできます!遺骨カプセルやペンダントタイプやストラップタイプなどバリエーションも豊富!!

*遺骨や毛を納めるペンダント…素材によって価格はさまざまです!

遺骨や毛などをおさめるペンダント…参考価格:16,200円

usg10
ほんの少し、ペットちゃんの遺してくれたものを入れてください。可愛いデザインなので普段のお出かけにも使えますよね!

*部屋に置いても違和感のない“骨壺”…参考価格:1,840

usg11
さすがに「いかにも骨壺です。」って感じのものは、訪問客の中にはギョッとする人もいるみたいで・・・こんなふうに可愛いい“骨壺”ならインテリアとしてお部屋に飾っておけますよね!

※メモリアルグッズは他にもいろいろあります。

遺骨も葬儀業者に依頼すれば“骨粉”にしてくれます。費用は10,000~15,000円くらいかと思います。(業者によって違いますから、確認してくださいね!)

うさちゃんなら5~6㎝くらいのチャック付きのビニール袋に入ってしまいます。お気に入りの「容器」を見つけて入れてあげてください。切子ガラスやうさぎさんの形をした陶器の入れ物など、日々眺めて在りし日の姿を思い出せるようにユックリ選んであげましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。