がん検診が安くなる?こんな新しい検査方法ご紹介

 

がん検診あなたは受けていますか~?これまでのがん検診だと早期発見が出来なかったものも今では実に簡単に出来るのです。それはどのような方法なのでしょうか?

それからやはり気になるのがお値段です。どのくらいで出来るようになるのでしょうか?今回はそこら辺を詳しく掘り下げていきます。

がん検診の受診率



まずは動画をご覧下さい。これが現在のがん検診の実態です。

がん検診の受診率は欧米が高く、日本は約4割に留まっています。日本人のがんへの意識はまだまだ低いことが挙げられます。ですから進行してしまって発見されることが多く、もう手術が難しいレベルでがんが見つかるということも珍しくありません。

日本人の意識の中にやはり「無駄なお金をかけて検査しなくても・・・」や「仕事が忙しいから・・・」などと言ってなかなか受けないということがあります。

また時間もそれなりにかかり、痛い思いや辛い思いをしないといけないというのがあります。5千円から1万円かかるものもあります。とにかく時間とお金がネックになっているようです。

新しいがん検診

kensin1
新しいがん検診はいろいろな方法が出来ています。その精度や手軽さあとは料金など様々ですが今の状況とこれからの状況を少し説明しますね。

手軽になると言えばやはり血液検査だけでがん判定が出来るということが現在あります。特に時間の忙しい方には自分で血液を採って送ってそのがん検診をするという方法があります。

・がんリスクチェッカー価格10,584円(税込み)・・・がんの早期発見に役立ちます。総合的に幅広いがんを見つけることが出来ます。

・男性用がん総合検査キット価格9720円(税込み)・・・男性用です。前立腺がんや消化器系のがんなどに強いです。

・女性用がん総合検査キット価格9720円(税込み)・・・女性用の子宮がん卵巣がんなどを見つけることが出来ます。

やはり手軽な面が魅力的で今人気のようです。詳しくはこちらのページを・・・
http://demecal-kensakit.kenkousenka.jp/gan/

今期待されている新しいタイプでは線虫というのを使った技術が注目されています。検査方法は簡単で線虫の入っているキットに尿を入れて待つだけそれでその線虫ががんのある尿にだけ反応するというのです。その発見確率は95%越えだと言われています。

非常に手軽だと言うのと、線虫の培養にお金があまりかからないというので、実際にもしがん検診を受けるとなると費用がワンコインで済むということもあるとの話です。こんなことが起こればがん検診の一層の受診率をアップさせることが出来るでしょう。

いかがでしょうか?がん検診の現在と未来をお送りしました。しかしどの方法が確立されてもやはり大事なのは生活習慣です。

タバコやお酒、暴飲暴食などはがんに繋がってしまうと言うことは変わりありません。健康的で病気をしない為にも日々の生活を注意しておきたいものです。

加えて早期発見が出来ればより生存確率が上がります。今後の新しい技術に期待しつつ、あなたもがん検診受けてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。