続々出店空港型免税店の魅力!日本人でも使えるの?

 

「TAX FREE」や「DUTY FREE」この文字最近よく見かけませんか~?実は現在政府肝いりの政策の一環として外国人向けの空港型免税店がかなり多く出店しているのです。

その特徴というのはどのようなものなのでしょうか?その空港型免税店の魅力や利用の仕方などを紹介していきます。

空港型免税店の特徴



従来は沖縄を除いて、この空港型免税店というのは空港の出国カウンター内以外に設置することは出来ませんでした。と言うよりもやはり従来は、街中でのお店などで税を区別して申告することが困難だった為、空港内の一部施設に限定されていたという方が正しいかも知れません。

しかし外国からの訪問者を多く迎えるに当たって、この空港型免税店の街中への出店が増えてきました。その特徴とは消費税はもちろんのこと関税、たばこ税、酒税までもが免税になるお店ということです。

従来の免税店などでは消費税だけ免税となっていました。(これが「TAX FREE」)今、成田市始め銀座などにも出店している免税店が消費税だけが免税でない空港型免税店です。(これは「DUTY FREE」)

ちょっと利用方法が変わっています。お客さんはどの商品でも購入可能ですが、免税希望の方は専用のレジに並ぶようになります。そのレジでパスポートと飛行機のチケットを見せるように要望されます。そしてその出国する空港の出国カウンターで実際の商品を受け取るということになります。これが空港型免税店の特徴です。

日本人の海外旅行が変わる?こんな利用の仕方

menzei1
では空港型免税店の日本人の利用方法と言うのはどうやったらいいのでしょうか?先ほども述べた通り全ての税を払わないようにするには出国手続きを行った後でないといけません。ですから通常に利用するということは出来ません。

しかしこう考えたらどうでしょうか?つまり海外旅行の一番始めが日本にある空港型免税店だということです。海外でのお酒を楽しみたいのなら現地のものというよりも日本で買って向こうで楽しんでみてはいかがでしょうか?

またタバコなどちょっと高めのものを買って海外でも楽しんでみてはいかがでしょうか?またはお気に入りの香水などを買って、一回トランクにいれて海外旅行では近場でグルメを楽しむなんてことも出来ます。日本人の海外旅行は銀座のショッピングから始まるなんてことも出来るようになるのです。

いかがでしょうか?普通の人は利用することは出来ないですが、海外へ行く人には利用可能ということなのです。やはり日本製の製品その品質は侮れません。特に高い商品などはこの方法を利用するとかなりお得になります。是非こんな利用の仕方してみませんか~?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。