これをやれば健康に!血管系の病気を知ろう

 

あなたの血管今どんな状態であるかわかりますか~?実は生活習慣が血管系の病気の温床となってしまうということもあり得るのです。

今回はその血管系の病気を知って、その予防策を講じましょう。血管系の病気の根本はやはり生活の中にあるのです。

血管系の病気



血管系の病気はこれ以外にもあるのですが主に5つ挙げておきます。

1、高血圧・・・何らかの理由(主に生活習慣などが多い)で血圧の調整が上手くいかない状態が続いてしまい血圧が高い状態をキープしてしまう病気のことです。血圧が高い分身体のあちこちに負荷がかかり、多くの病気の引き金になるものです。

2、動脈硬化・・・いろいろな要因で血管がその伸縮性を失い硬くなる状態のことを言います。例えばこの動脈硬化が起こると血栓などが出来やすくなり、いろいろな病気の原因となります。

3、狭心症・・・これは一時的に心臓の血液を送っている血管などから血液が送られないことによって引き起こされる発作です。動脈硬化の他にもストレスなどからこの病気が起こってしまうと言うケースもあります。

4、心筋梗塞・・・狭心症よりももっと重い病気がコレです。心臓に栄養を送っている血液などが流れない状態が続き、心臓が壊死してしまった状態のことを言います。かなり命の危険が高い病気とも言えます。

5、不整脈・・・心臓は一定の脈を打って血液を身体中に送っています。しかし何らかの理由によって脈が乱れ、身体がおかしくなってしまっている状態のことを言います。

ここに挙げた病気ぐらいは覚えておくと良いでしょう。高血圧などから動脈硬化を起こしてしまっているケースが多いです。

予防策は?

kekkan1
基本血管系の病気を予防するには血液をサラサラにすると言う方法が一番大事です。血液がドロドロになるとより血圧が高い状態になりやすいということです。

まず大事なのは減塩です。血管に必要以上にナトリウム(塩)が多く入ると血液中の浸透圧によって血管中の水分が奪われます。ですからこの塩を減らした食事と言うものがとても大事です。

またカリウムを多く含む食材を食べるようにすると血液をサラサラに保つことが出来ます。効果的なものとして玉ねぎがあります。

一日の生活リズムが乱れると血管系の病気にかかりやすくなります。一日を一定のリズムで生活するようにこころがけることです。

さらには血圧の変動を小さくすると言う工夫も必要です。お風呂に入るときの温度差を無くしたり、運動前の準備運動などをするということも大事です。

血管の老化はミネラルやビタミンをバランスよく摂ることでも予防できます。必要に応じてマルチビタミンミネラルサプリメントなどを服用するといいでしょう。

いかがでしょうか?血管系の病気というのはやはり生活習慣が大事です。生活習慣を見直すことでかなりの確率予防することが出来ます。栄養面などもしっかりと整えて血管を若くしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。