新タバコ!これが違う!

 

なかなかやめようと思ってもやめられないのがタバコ!!身体に悪いものと解って、周囲に対して気を使いながら吸うと言う方も多いようです。

実はそんなタバコに今新しい形のタバコが出てきて人気があるのを知っていましたか~?今回はそんな新タバコについて特集していきます。

副流煙なしその効果とは?


昨年2015年の9月から新しいタバコが発売されました。それは加熱タバコと言う種類のタバコです。専用の加熱器にタバコを差し込んでその煙を吸うと言うものです。

このタバコの利点は従来危険性のある副流煙の心配がないということ(メーカー談ですが・・)です。それでいて電子タバコのような吸った感覚が無いというようなものではないということなのです。

実際に本物のタバコの葉を使い周囲に煙が出ないことから発売以来かなりの人気になっています。主なメーカーとしてiQOS(アイコス)プルームテック(JT)というものがあり、それぞれに良い点があるのですが、その背景にあるものとは愛煙家の周囲に対する罪悪感などが背景にあります。

年々タバコを吸う人が減ってきていて「吸わない人への配慮」と言うものが社会的に大きくなってきたことも原因としてあります。日本は比較的世界から遅れていて、屋内分煙が基本ですが、世界はもっと進んでいて、屋内禁煙は多くの欧米都市では当たり前となっています。

日本も東京オリンピックがある2020年までには屋内禁煙を目指すということもあり、この新タバコさらに注目を集めそうです。

実際に吸うとタバコと言う感覚がすると言う方が9割強、周囲で気になったと言う方は2割とかなり周辺環境へ配慮したものになっていることが解ります。ただタバコの臭いは実際にしますので、完全に身体に悪いものではないのかと言えばそうではないのかも知れません。

iQOS(アイコス)

プルームテック

行政ごとの判断に任されている

tabaco1
この新タバコ確かに煙は出ないのですが、まだタバコと言う認識が広くあります。ただこれだけ人気なのはベランダなどでタバコを吸う方などに重宝がられているということです。今後喫煙出来る場所が減ると共にこの新しいタバコについても議論されないといけません。

現在は行政ごとの判断に任されているということが言えます。ですからこの新タバコ喫煙禁止の場所で吸うことは現在いけないということなのです。今後区分けが必要になることでしょう。しかし火事の危険性が減ったり、受動喫煙の危険性が減ることは嬉しいメリットとしてあります。

吸う人も吸わない人も気持ちいい世の中にする為に今後この新タバコ広がっていくことでしょう。お互いに相手に配慮したいという気持ちがこの新タバコ人気に拍車をかけています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。