大震災に役立つSNSの使い方

 

日本は地震大国です。つい先日も大きな震災がありました。その時に情報ツールとして役立ったのがSNSです。貴重な情報源として、また救助や支援要請にもかなりSNSを使っていました。

そこで今回は大震災の時に役に立つSNSの使い方を調べてみました。

いつ起こるか解らない為にSNSの使い方をマスターしておこう

sns1
SNSの使い方あなたはしっていますか?使いこなせていないと言う方も是非特に震災時には非常に便利になるツールなので、しっかり押さえておきましょう。

SNSとはLINEやTwitter、FACEBOOKなどです。これらの使い方をマスターしておけば、しっかりと震災時に役立つことは間違いありません。

大震災には便利な手段になり得るツール

sns2
まず震災時に役立つツールについてそのやり方などを見ていきましょう。

・Twitter・・・基本的に情報発信源や情報の入手にはこれほど適したものはありません。救助依頼を位置情報もつけて送ったりすることが出来るので、いざと言うときに役立ちます。

その凄さは拡散力です。ある程度自分の知り合いなどやご近所さんなどをフォローし合っておけば、わざわざ電話確認しなくても連絡を取ることも可能です。

また市町村長や防災対策専門のアカウントをフォローしておけば支援の情報の入手も可能です。熊本市長などは上手にTwitterを利用して情報発信していましたね。

・LINE・・・個別に連絡を取りたい相手でも震災時は電話が繋がりにくいものです。そんな時に利用できるのがこのLINEです。予めグループなどを作っておいて家族の連絡などに用いてみれば、余計な電話などがしないで済みます。

・FACEBOOK・・・これも情報発信としては優秀なものです。Twitterより拡散力に劣りますが、個別な特定の情報を抜き出すことに長けています。連絡先の解らない知り合いにも繋がることが出来るので、いざと言うとき役立ちます。

・災害用伝言版・・・状況により電源が無い場合は各社のやっているこの災害用伝言版を利用しましょう。今のスマートフォンであれば、始めからツールとしてアプリに入っています。無事でもいつどうなるか解らない場合は使っておくと懸命です。

注意しておきたいこと

sns3
SNSは拡散力が非常に高いです。ですからデマ情報なども流れてしまいます。そういった情報には騙されないように注意することも大事です。

また電源の確保なども大事な問題となることでしょう。今は電源の持ちが一日も持たないケースがほとんどです。ですから予め電池のあるうちに情報の発信をしておくことが大事になります。

備えあれば憂いなしと言います。日頃から震災について考えて供えておくことが大事です。特に電話がつながらなくなったケースでもSNSを使って、やり取りすることが出来ると安否確認などに役立つことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。