東京の水道水は美味しくなった❗その理由とは?

 

よく外国人観光客が不思議がることとして、日本は水道水が飲めるということでした。確かに日本は水が美味しい国です。

さらに最近は高度な浄水をするようになり、美味しくなっていて、店頭でミネラルウォーターと並ぶなどいろいろされています。今回はその理由や秘密を紹介します。

東京の水道水は美味しい!その秘密



少し前まで「東京の水道水は飲めたものじゃない」ということで飲用のミネラルウォーターなどが沢山購入されていた地域でした。

確かに川の下流域に当たり、その川には汚れが目立ち、その川の水を飲むなんてこと考えも出来ないような状態ということは良く解ります。

しかし近年「高度浄水処理」という手法が取り入れられ、各段に浄水機能がアップしました。この高度浄水処理のキーワードとなるのが、オゾンの入っている水槽と生活活性炭の入っている水槽です。

まずオゾンが有機物などいろいろな不純物やカビなどを分解し、生活活性炭でその不純物などの分解されたものを吸着します。これによってごく自然界に近い浄水処理が可能になりました。

これまで取り除けなかった微量のトリハロメタンや有機物なども取り除けるようになり、カルキと言われていた殺菌に使われていた塩素の量を大量に減らすことが可能になりました。これによって水が大変に美味しくなったのです。

現在利根川水系で高度浄水処理機能は100%実施されており、東京都の水は各段に美味しくなりました。

今後広がりを見せる高度浄水処理

suido1
この高度浄水処理他県でも実施の傾向が強まっています。比較的飲料水として高度浄水処理機能が必要でなかった地域にもこの浄水機能が広がっているのです。

東京でも今後の課題として尚残っているのが、マンションなどの貯水槽に一回水を溜めて流すなどのケースです。このケースではどうしてもその溜めた水などの臭さが残ってしまうと言う例が報告されています。

これを治すことはかなり難しいですが、新築のマンションではこの貯水槽を設けないなど美味しい水を飲む工夫がされています。さらに他県にもこの高度浄水処理は広がりつつあり、水道水が美味しくなったということは実感として、感じることが出来るようになるでしょう。

日本は元々水が良いうえにこの高度浄水処理によってさらに美味しくなるということです。もうミネラルウォーターを買う時代は終わりつつあると言えるでしょう。

いかがでしょうか。高度浄水処理、しっかりとその機能を発揮すればほとんどの水の臭いや不純物などを取ることが出来る優れものの仕組みです。今後飲み水は水道水と言う時代になりつつあると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。