サルーキは飼いやすいかな

 

皆さん犬は好きですか?小型犬も中型犬も、大型犬もとても可愛いですよね!でも、小型犬や中型犬を飼っている家庭は多いけど大型犬を飼っている家庭ってあんまり見かけませんよね。

今回はそんな大型犬の一種サルーキ!どんな犬種か、飼いやすいか、などなど気になることをご紹介します!

・サルーキの歴史

サルーキは狩猟犬の一犬種で、飼育犬の中でも最も古い歴史があり、純血種としての歴史はなんと7000年をも遡ることができます。

イラクの古代遺跡であるテペ・ガウラに彫刻されたサルーキが最も古いサルーキとして知られています。また、DNA鑑定の結果、最も早く狼から別れた犬種の一つであると確認も出ているとのことです。

・サルーキの性格や特徴

Golden_saluki
サルーキは、大型犬には比較的珍しく飼い主には甘えん坊な性格をしています。大型犬にはつきものとまで言われるよだれも垂らさず、体臭もあまりありません。(全く無いという声もあるようです)

サルーキの性格は飼い主には、貢献的で子供にも非常に優しく穏やかに接することができるのですがとても感受性が高いため秩序のない遊びには参加しようとしません。

あまり感情を表に出すタイプの犬ではない為、活発に遊びまわる子供にはやや物足りなく感じることもあるかもしれません。

ですが、前述のとおりサルーキは子供と良い関係を築くことができる犬種なので子供の相手も安心して任せられますが、それと同時に静かな時間も必要とする犬種であることも忘れてはなりません。

また家の中では静かで落ち着きがあり、いつも暖かくて過ごしやすい場所を確保しようとします。しかし一旦外に出ると、とても元気に円を描くように駆けまわり、素早く動くものや小動物が動き回っているのを見ると追い掛け回すといった活発な面を見ることができます。こういった時は呼んでも来なかったりするようです。

サルーキの毛色は種類が多く、ホワイト、クリーム、フォーン、ゴールド、レッド、トライカラー(ホワイト、ブラック、タン)、ブラック・アンド・タン、およびこれらの色のコンビネーションなど、自分の好きな毛色の子も探せるのも魅力の一つです。

・サルーキの躾や訓練

優れたサルーキは、狩猟犬としての能力は保っていますが、その外見上は狩猟犬であることを忘れさせる程美しく、学習能力も高い犬種で、しつけもすぐ覚えてくれます。

しかし飼い主の要求にサルーキ自身が納得できなかったりすると、従いません。

サルーキ自身の考えや意思、要求を飼い主が理解してしつけるようにすれば、前向きにしつけを覚えてくれます。また反復訓練に飽きやすく、トレーニングやしつけは短時間で様々なバラエティを取り入れる必要があります。

敏感かつ知的ですので、手荒な訓練、力ずくの訓練では、信頼関係に亀裂が入り近寄ってこなくなってしまいます。信頼回復にも時間がかかりますので褒めてしつけるようにしてあげましょう。

定期的な訓練が必要ですが、必ず屋外でやらないとならないのではなく屋内でも静かに訓練が可能です。

・サルーキは「歌う」


普段は大人しく理由もなく吠えることは殆どないサルーキなのですが、長い間飼い主や家族と離れていた場合や、不満を感じた時など、震えるような高音で「歌う」ことがあります

この「歌」は家族や群れとの絆を求めるときに使われるもので、訓練次第で「歌」を教えることができます。

・サルーキの飼育場所と必要運動量

獣医学会では、サルーキの散歩の際はリードは必須とされています。これは、サルーキが7000年も続く狩猟犬であるため、強い狩猟本能を持っている為です。

ですが、これは他の小型犬や猫と一緒に飼育できないという意味ではなく、よく訓練され温和なサルーキなら問題なく様々なペットと家族として暮らすことができます。

またサルーキは大型犬で、走ることが大好きな犬であるため、毎日運動は欠かせません。自転車と並んで走ったり、広い場所で自由に走らせる事を、1回30分~1時間、または長めの散歩をするなど工夫し、朝夕の2回してあげましょう。

家族に迎え入れる前に、運動させてあげる時間はあるか、近所に自由に走らせてあげる場所はあるかなど確認を忘れずにしましょう。

飼育場所に関しては、サルーキは自由を好む為、ケージに入られる事を嫌い、日本犬のように外に鎖で繋いで飼うというのも難しい犬です。そのため、室内犬としてまたは広い庭で放し飼いで飼うようにしてあげるようにしてあげましょう。

また庭で放し飼いにする場合、サルーキは跳躍力に優れているため、少なくとも1.5m以上のフェンスで囲む事を忘れないようにしましょう。これは、アメリカののサルーキクラブである「The Saluki Club of America」が推奨しています。

・サルーキの健康管理

サルーキは、暑い季節は家の中で寝かせ、いつでも自由に外に行けるようにしてあげるのが理想的です。寒い気候や雪の中でも活発に遊びますが、寒い季節に長時間外で過ごさせるのは病気や怪我の原因になりますので避けたほうがよいでしょう。

堅い場所で寝かせていると、足にタコができてしまう可能性があるため必ず、柔らかい寝床を用意してあげましょう。

またサルーキは、食べ物に対してとても好き嫌いが激しく、神経質です。その上非常に細く見えるため、サルーキのことをあまり知らない人には、「餌をあげていないのでは?」と思われてしまう程です。しかし、サルーキは元々理想体重でもスリムな体つきをしている犬種なのです。

全体が滑らかな被毛で覆われ、その毛は羽の毛のように細い美しいサルーキですが、手入れは、時々ブラッシングをしてむだ毛を取り除き、週に1〜2回はコーミングして毛玉になるのを避けてあげましょう。

また、皮膚が弱いと言われていますので皮膚病には注意が必要です。それに続き心因性の病気にかかりやすいと言われています。また、足が細く走ることを好むため骨折などには細心の注意を払う必要があります。

非常に身体が細いため麻酔薬に対して非常に敏感なので、できるだけ麻酔を使うようなことにならないような生活を心がけてあげてくださいね。

肥大性心筋症や、 拡張型心筋症などの発見が遅れると最悪の結果になってしまいますので日々の健康チェックや、定期的な健康診断は怠らないようにしてあげてください。

・サルーキを家族に迎えるには

サルーキはペットショップで販売されていることはあまりないため、購入を考えている場合はブリーダーからの購入となります。

相場は20万~25万程で購入する場合は、安すぎないか、高すぎないかなどもチェックしましょう。安すぎの場合、病気であったり、内向的すぎる性格でコミュニケーションが全く取れないなどの問題を抱えている可能性があります。

また、兄弟や母親と一緒に暮らしていた事があるか時期はいつまでかなど併せてチェックしましょう。こちらができていない場合、母親や兄弟から社交性を学べずしつけが難しい可能性などがあるためです。

・ブリーダーサイト様

サルーキ専門ブリーダー様のみをご紹介させて頂きます。

SPRING BOARD

TAZI

また、里親になるという選択もあります。

里親の場合、確実にサルーキに出会えるという訳ではありませんが、運命の子がいるかもしれませんし、一つの命を救える可能性もあります。

購入一択ではなく里親になるという選択肢も視野にいれて見てはいかがでしょうか。

里親になることをお考えの場合は、最寄りの保健所や、動物病院、里親募集のサイト様などで多くの募集が出ているので覗いてみてくださいね。

ペットのおうち

里親募集掲示板

また、各地の動物愛護団体様に問い合わせるというのも手です。犬と暮らしたいと考えいる場合、購入だけはなく里親になる事で、飼い主も愛犬も幸せになることができますので、是非考えてあげてください。

いかがでしたでしょうか。サルーキの可愛さや、美しさを少しでもお伝えすることはできたでしょうか。

小型犬を飼っている方も、中型犬派の方も大型犬もいいかも!と思えるようなきっかけになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。