くる病って聞いたことありますか?

 

kuru1
みなさんはくる病という病気を知っていますか?一昔前では日本では少なくなっていましたが、また日本で病気になっている人が増えてきているのです。それは最近の生活の変化が原因と考えられています。

みなさんの中に極度なダイエット・紫外線を避ける生活が中心の方はいませんか?心当たりのある方は、もしかしたら知らない間にくる病の魔の手が近づいているかもしれません。

くる病って?

kuru2
成長期(特に乳幼児の頃)の栄養不足により骨が曲がる・柔らかくなる病気です。食糧難の地域で発症しやすい病気ですが、最近では日本でもくる病になる人が増えてきています。原因はさまざまですが大きく分けて3つの種類があります。

栄養不足:特にビタミンD 、カルシウム、リンが少ないことで起こります
遺伝:男性に遺伝する種類がみられます
日光不足:極端に紫外線を浴びないことで、ビタミンDが上手く作れません

※母乳だけではビタミンD不足になるという情報もありますが、きちんと病院で相談していただければ必要に応じて医師からの処方があるかと思います。

症状は?

kuru3 kuru4
・不穏(大きな声で叫ぶ・暴力を振るう)などの精神症状
・下痢
・足の変形:重度のO脚(足を揃えると膝の間が開く)やX脚(足を揃えると足首の間が開く)
・頭蓋ろう:頭の骨が柔らかくなる
・くる病数珠:あばら骨が変形する
・低身長
・筋力低下により歩けなくなる
・背骨が曲がる
・関節の痛み
・血中のカルシウム不足による痙攣(けいれん)や手足のこわばり

くる病=骨軟化症?

kuru5
成長軟骨板閉鎖以前のものをくる病といい、閉鎖以降を骨軟化症と言います。成長軟骨とは、成長期特有の軟骨組織のことです。なので、簡単にいうと成長期前に起こった時にくる病とよび、成長期後に起こった場合に骨軟化症と呼ばれます。

女性、小さなお子さんのいるご家族に考えなおしてほしいこと

kuru6
最近では紫外線の悪い情報ばかりが出回っており、紫外線の良いところが薄れてしまっています。過激なダイエット・日光を避けることで栄養不足になってしまい、病気になっては可愛いも美人も遠ざかってしまいます。

本当に可愛くて美人な人は健康であってこそではないでしょうか?小さなお子さんのいる保護者の方々も、お子さんの為を思ってすることがあまりに極端だと別の問題が出てくる恐れがあることを知っておいてください。これからは、適度な日光浴と栄養面にも気をつけて下さいね。

引用・参考文献
国分正一:標準整形外科学.第10版.医学書院.2008
順天堂大学医学部附属順天堂医院:整形外科・スポーツ診療科
難病情報センター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。