これがあれば一人で出来る!自助具

 

病気や怪我・年齢を重ねることで、一人で行いにくい動作が増えてしまうもの。

「家族や他人に迷惑をかけるのは忍びない」「自分ではなにも出来なくなってしまうことが辛い…そんな事を考えている人でも、道具一つで【自分一人で出来るようになる】ことがあるかもしれません。

今回はそんな便利なお助けグッズ【自助具】のご紹介です。

自助具:自らを助ける道具

自助具って?

jijyo1
日常の生活動作をより便利で簡単に出来るように工夫された道具
のことです。

例えば、『指を怪我してしまい、細かな動きができなくなってしまった方に対して、使いやすいスプーンや箸を利用することで食べることができるようになる』といったことが期待できるのです。

名前の通り『自分を助ける道具』ということですね。

自助具の活躍場面

jijyo2
自助具の活躍場面は一日の生活の中でとても身近に存在しています。此処ではほんの一例ですが簡単にご紹介します。

食事

皿の中身をきれいに集めて食べることの出来る『フードガード』

箸で食べたいけど上手く使えない人には、箸同士がくっついている『ピンセット箸』

Willassist 楽々箸 ピンセットタイプ すべり止め 19.5? 2240522

新品価格
¥1,080から
(2016/9/26 09:36時点)

楽々箸 ピンセットタイプ 19.5cm No.512

新品価格
¥1,020から
(2016/9/26 09:37時点)

楽々箸(ピンセットタイプすべり止め付) 22.5cm

新品価格
¥972から
(2016/9/26 09:37時点)


細い持ち手では掴みにくくて食べられない人には、持ち手が太い『太枝スプーン』など

着替え

靴下を履くための『ソックスエイド』

ソックスエイド(正規品)  【Amazonより直送で安心】

新品価格
¥2,001から
(2016/9/26 09:40時点)

ソックスエイド

新品価格
¥830から
(2016/9/26 09:41時点)

セット販売(ソックスエイド1個+ストッキングエイド1個)

新品価格
¥2,695から
(2016/9/26 09:41時点)


細かなボタンができにくい人のための『マジックテープ式ボタン』

ズボンを履くことが難しい人には『巻きスカート・マジックテープ式ズボン』など

身だしなみ

片手で爪を切ることの出来る『片手用爪切り』

ワンハンド爪切

新品価格
¥5,272から
(2016/9/26 09:46時点)

【爪きり】ワンハンド爪切り ◆ [UC-451]

新品価格
¥4,734から
(2016/9/26 09:48時点)

ウカイ利器 らくらく台付爪切 (UC-351) 1311-0300

新品価格
¥3,539から
(2016/9/26 09:49時点)


肩が痛くて自分で髪の毛を整えられない人には『長い柄の付いた櫛』など

入浴

屈むことなく足先の洗える『長柄ブラシ』

片手で洗うことの出来る『ボディタオル』など

家事動作

片手だけで包丁が使えるように『固定することの出来るまな板』

蓋が開けやすい『オープナー』など
jijyo3
・その他


遠くの物・足元の物が取りにくいときには『リーチャー』

マジックリーチャー お助けハンド ロング

新品価格
¥2,341から
(2016/9/26 09:55時点)

ドレッシングハンド

新品価格
¥1,188から
(2016/9/26 09:57時点)

マジックリーチャー お助けハンド ショート

新品価格
¥2,159から
(2016/9/26 09:57時点)



字が書きにくいときには『ペンホルダー』など

他にも沢山ありますので、○○することが難しいなあ…と感じた人はお近くの『介護ショップ』などで相談してみては如何でしょうか?

自助具を手に入れるには?

jijyo4
・買う

一番早く、わかりやすいかと思われます。しかし、各個人の困っている部分・身体の大きさなどにより使えないことにならないようしっかり説明書を確認して検討をすることが必要です。

自分で作る

作るのは大変ですが、自分にあったものを考えることが出来ます。現在ではまだまだ自助具でまかないきれるものが少ないので、お手製の自助具を利用する方も少なくありません。

市販されている自助具や、一般の道具に一手間加えることでより自分にあった物を手に入れることも出来ます。

例:足元の物が取り難くなった人に対して、ホームセンターの火バサミの先を危険がないように加工して利用するなど

※『福祉用具プラザ北九州』さんでは、実際に自助具の作成方法も載せられていますので参考にしてみてください。

自助具を作ることで気をつけることは?

jijyo5
大事なことは『使う人が気に入るか?』に限ると思います。

なぜなら、【使いにくい(使えない)道具】を使い続ける人はいません。【あまりにも格好悪くて持ち歩けない】ものを使いたがる人は少ないでしょう。

どんな道具でも【使う人に満足してもらえるように気をつける】ことが大切です。力の弱い人には出来るだけ軽い物を。細かなことが苦手な人には簡単に動かせる物を。できればそれらがオシャレであると使う人にはとても喜ばれます。

如何でしたか?一言に【自助具】と言ってもその幅は広く、簡単に見つけ出すことは難しいかもしれません。しかし、【再び自分で食事を食べることが出来た】【手助けなくお風呂に入ることが出来た】と感じたときの喜びは、それらの苦労を吹き飛ばしてくれるのではないでしょうか。

もちろん一人で悩まれる必要はありません。まずは簡単なサイト検索や介護ショップなどの情報を参考にしたり、福祉機器の展示場などで専門家のアドバイスを取り入れたりすることをお勧めします。

御本人も御家族も笑顔で毎日を過ごしていただくためにも素敵な道具との出会いがあるといいですね。

【引用・参考文献】
福祉用具プラザ北九州
介援隊ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。