スムーズに引越し!

 

3月から4月初旬にかけて引越しシーズンになります。引越しするのに、新居を決めて荷造りして、いろいろ住所変更を…とやることが盛りだくさんです。

いつ自分が引っ越ししなければいけないかわかりませんから、うっかり者の私としては、そんな引越しについて、調べてみました。

ずっと「引っ越したい」あなたへ―理想の部屋に住み替える!実践テク

中古価格
¥1から
(2015/1/22 15:20時点)

家を借りたくなったら

新品価格
¥1,512から
(2015/1/22 15:25時点)

事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件

新品価格
¥1,404から
(2015/1/22 15:27時点)

引越し 手順

引越し会社を選び見積もりを依頼

単身での引越しであれば、電話やメールのみで見積もりしてもらうことができますがファミリーは荷物の量が多かったり少なかったりさまざまなのでほとんどが訪問見積もりになります。

また見積もりは大手だけでなく、住んでいる地域の業者にも見積もりを依頼することをオススメです。

次に、新居を決める

不動産屋に行って、自分が気にいった物件を見て契約を勧めましょう。入居日が決まったら引越し会社と契約します。

1ヶ月前くらいになったら引越しまで使わないもの(季節物)などは先にダンボールに詰めていき、荷造りを進めていきましょう。当日の朝詰めるもの以外は荷造りを完了させます。

このときに冷蔵庫と洗濯機はコードを抜き、搬出の準備。当日は、貴重品の取り扱いに気をつけて引越し作業に立ち会いましょう。

転居前にやること

現在住んでいる地域で転出届けを出してください。転居先によっては必要ない場合があるので住んでいる市区町村に確認してください。

電気、ガス、水道に電話連絡をしてください。郵便局に転居届けを出すと、新しい住所に1年間無料で転送してもらうことができます。

インターネットプロバイダーは各プロバイダによって異なりますが1ヶ月ほど前くらいから手続きできます。新聞は、販売業者に早めに連絡して料金を精算してください。

転居後にやること

転入届を提出して、新しい住民票を作成してもらいます。このあとの手続きで住民票が必要となることが多いのであらかじめ枚数を確認しておくと楽になります。

運転免許の住所変更、銀行の口座の住所変更、自動車の住所変更、クレジットカードの住所変更、生命保険の住所変更と書類を郵送するだけでいいものもあるのであらかじめ確認しておくとスムーズに進みます。

34a9fe90cc07464d84b4d842c18882f7_s










業者、料金

3月から4月上旬は引越しがピークのため1年の中でも料金は1番高いです。安く抑えるコツは、複数の業者から見積もりを取ることです。

そして土日よりは平日、午前便よりは午後便、日程もある程度ゆとりを持って業者にお任せにすると料金を抑えることができます。

大手の業者の方がやや料金が高めなので地元に引越し業者がある場合はこちらを利用するのもありです。

その他

カレンダーや手帳などにいつまでにやるか記載しておくと忘れることなく、進めていくことができます。またやることリストを早めに作っておくとそれに沿って準備ができます。

引越し前日に近隣の方に引越し前の挨拶に行きましょう。「今までお世話になりました、明日は引越しで騒がしくなるかもしれません。ご迷惑おかけします」とあらかじめ伝えておけば、お互いに嫌な気持ちにならなくて済みます。

引越し後は、お世話になった業者さんにお礼を忘れずにしてください。近隣住民の方には、引越しの挨拶に遅くても3日以内に行ってください。相手の失礼にならない時間帯を選び、これからの良好な近所関係を築き上げましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。