雪道や氷の上で滑らないようにするには?

 

yuki1
ここ数年、都会でも大雪が降ることがだんだん珍しくなくなってきています。都会で大雪が降ると電車やバス、車の交通手段がストップし仕事に遅れたり家に帰ることができなくなったり本当に悩ませてくれます。

とくに困るのが朝の通勤時の大雪ですね。雪が降るときは前日から報道などで注意するように言われても、会社を休むわけにもいきません。革靴やパンプスで早めに家を出て慎重に歩くしかないでよね。

雪の降る東北の人は、そんな大雪のうちにも入らない雪で都会の人があたふたしていることがよく理解できないと言います。

そこで、今年の冬はあたふたせずに雪道や氷の上を滑らないようにする対策を紹介します。ぜひ参考にしてケガをしないようにしてください。

雪道や氷の上での歩き方。

yuki2
雪道や氷の上を歩くときには、まず体全体の重心を前に持ってきて小幅で歩くことを意識します。次に、一歩足を前に出すには、つま先やかかとからではなく、靴の裏を全部使う感じで地面に平行させて垂直に下ろします。足を上げるときにも平行に上げます。

ただ、靴底を地面に全部べたっと載せてべたっと上げるべったり歩きがいいのですが、靴底が減っていたり凹凸のない靴底では危険ですよ。

また、完全に凍っている道は、すり足で少しずつ歩くのが安全です。ぴったり地面にくっついてのすり足ではなく、少し足を軽く浮かせるようなすり足をしましょう。

どんな歩き方でも、いつでも手が使えるようにしておく心構えは必要です。雪の日は両手がふさがらないよう背負う形のバッグや肩にぶら下げるようなバッグがいいですよね。

雪の日に履くおすすめの靴。

yuki3
雪の日に履くのにイチオシは長靴です。ただし雨の日に履く長靴とはちょっと違います。

まず、しっかり滑らないような深い凹凸が入っていることと丈の長さもある長靴がいいですね。また、底が厚くやや重さがあるのがおすすめです。重さがあると安定感が違います。

東北のほうで販売されている長靴はしっかり「防滑」というタグがついているものがあります。これはネットでも購入できますよ。

また、滑らない靴というのも売っています。これも靴の裏を見るとくっきりした凹凸がついているので歩くときにかなり安定します。

持っている靴にスリップ止めを装着する方法。

yuki4
どうしてもビジネスシューズやパンプスを履く必要がある人には、靴に装着できるスリップ止めがあります。靴の前後にひっかけるタイプのものですが、スパイクがついているので滑りにくいです。冬になると売れ筋の用品です。

ただし、スパイクのついている部分は、駅の構内や階段など雪のないコンクリートのところなどでは逆に滑ります。また、靴にひっかける部分が表に見えてしまうために見た目が気になる人には向かないかもしれません。

雪道を走る車は4WDなら大丈夫?

yuki5
雪道を走る車は4WDなら大丈夫という話があるようですが、これはまったく間違いです。雪道と4WDとはまったく関係がありません。4WD=四輪駆動は、四つのタイヤが全部回ってくれるので、シャーベット状の雪道や泥道などでははまりにくいというだけですね。

雪道を走るなら4WDでも2WDでもスパイクタイヤを装着するのがいいでしょう。

以上、雪道や氷の上を滑らないようにする対策について紹介しました。

yuki6
雪が降ったあとの電車のホームもかなり危険です。電車から降りる場所のところは地面から宙に浮いているところが多く凍りやすいです。それは、地面からの熱をもらえないのでいつまでも冷えたままで凍ったままになりやすいんですね。

地面から離れた場所にある首都高速道路や橋でスリップ事故が多いのは、地面からの熱がないためにどうしても凍ったままになってしまうことが要因になります。車でも注意が必要ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。