鬱より自殺者が多い双極性障害

 

あなたは双極性(そうきょくせい)障害(しょうがい)という言葉をご存知でしょうか?

障害と名がつくことから何か困ったことであることを察することが出来るかと思いますが、詳しいことを知る人はまだまだ多くありません。双極性障害とは、以前【躁鬱病(そううつびょう)】とも呼ばれいわゆる躁(そう)状態(じょうたい)と鬱(うつ)状態(じょうたい)の2つの状態が現れる状態です。

今回はそんな病気にかかることで本人が困りやすいところ、身近な人が困りやすいところを含めてご紹介できればと思います。

双極性障害とは何か?【精神科医・樺沢紫苑】躁うつ病

双極性障害の症状は?


双極性障害は、精神疾患の中でも気分障害と分類されている疾患のひとつです。鬱状態だけが起こる病気を「鬱病」といいます。この病気とほぼ同じ鬱状態に加え、鬱状態とは対極の躁状態の2つをくりかえす慢性の病気です。

昔は「躁鬱病」とも呼ばれていましたが、現在では両極端な病状が起こるという意味の「双極性障害」と呼んでいます。

双極性障害は精神疾患の中でも治療法や対処法が比較的整っている病気で、薬によって今までと変わらない生活をおくることが十分に可能です。

しかし治療を怠ると何度も躁状態と鬱状態を繰り返し、その間に人間関係、社会的信用、仕事や家庭といった人生の重要な部分が壊れてしまうのがこの病気の特徴でもあります。

このように双極性障害は、鬱状態では症状によって生命の危機をもたらす一方、躁状態ではその行動の結果によって社会的生命を脅かす、重大な疾患であるといわれます。

躁状態って?


ほとんど寝ることなく動き回り続け、多弁で気分が高ぶり、自分が偉くなった気になる・何事にも集中できない・お金を使い過ぎて借金を作る・性的逸脱行動に走るなどの社会的信用を失う行動が見られます。

同じような状態でも本人も周囲もそれほど困らず入院を要する程ではない場合には、『軽躁(けいそう)状態(じょうたい)』と呼ばれます。双極性障害の軽躁状態というのは、いつものその人とは全く違う状態になっている、まるで人が変わったようだと感じるところが特徴です。

また、躁状態・軽躁状態に共通していることは多くの場合、自身の変化を自覚できないということです。

鬱状態って?


症状の上では鬱病と大きな差はありません。双極性障害の人にとって具合が悪いと感じるのは、鬱状態の時です。鬱陶しい気分が続く(抑鬱気分)・何事にも興味が持てない・物事が楽しめないなど「興味・喜び」が失われてしまいます。

他にも早朝覚醒、食欲の減退または亢進、体重の増減、疲れやすい、やる気が出ない、自責感、自殺念慮などの状態も見受けられる状態をいわれます。

双極型障害と双極障害の違いって?


双極Ⅰ型障害:うつ状態に加え、激しい躁状態が起こる双極性障害

双極Ⅱ型障害:うつ状態に加え、軽躁状態が起こる双極性障害

以前、躁うつ病と呼ばれた病気は、ほぼ双極Ⅰ型障害に相当すると考えられています。双極Ⅱ型障害は現状では、少々輪郭のはっきりしない病名です。

患者数


鬱病の頻度は欧米と比較すると一見日本では双極性障害が少ないようにみえますが、文化的・社会的な違いも大きいためにどれだけの差があるのかの結論に至ってはいません。

また、日本での本格的な調査が少なく、はっきりしたことはわかっていないのが現状です。

原因・発症の要因


双極性障害の原因はまだ解明されていませんが、精神疾患の中でも身体的な側面が強い病気だと考えられています。ストレスが誘因や悪化要因になりますが、単なる「こころの悩み」ではありません。

どんな性格の人でもなりうる病気で、精神療法やカウンセリングだけで根本的な治療をすることは困難と考えられています。

治療法はどうすればいい?


双極性障害には、薬物治療が有効
です。日本で用いられている気分安定薬の中でも、最も基本的な薬はリチウムです。リチウムには、躁状態とうつ状態を改善する効果、躁状態・うつ状態を予防する効果、自殺を予防する効果が期待されています。

その一方で、副作用が強く使い方が難しい薬でもあります。自分の病気のコントロールのために、どのように副作用と折り合いをつけながら治療していこうか、という姿勢で臨むことが大切です。

また、心理療法としての方法も重要です。双極性障害は単なるこころの悩みではないので、カウンセリングだけで治るようなものではありません。しかし、病気をしっかり理解し、治療がうまくいくように援助していくためには精神療法も必要と考えられています。

注意すべきポイントは?


生活上の一番大切な点は、生活リズムを守ることです。たった一晩の徹夜でも、一気に躁状態になることがあります。

また、躁状態になった時にどんな行動をしてしまいやすいのか、事前に家族や周囲の人と話し合っておきましょう。躁状態の前触れが出てきたら直ぐに主治医に相談することで、再発防止に努めることが出来るはずです。

周囲の人はどんなサポートすればいい?


躁状態の時には周りに対して、尊大な態度や、激しく罵倒することがあります。ひどいことを言われて悲しみや怒りが湧くこともあるでしょう。

しかし、状態が落ち着けばいつものあの人にもどりますので【病気が言わせているのだ】という認識を持っていただければとおもいます。Aさんが言っているのではなく、Aさんの病気が言っているのだということを忘れないであげて下さい。

また、患者様自身にとっては鬱状態が一番辛いものであり、逆に周囲の人は躁状態が辛く感じるようになります。このギャップによりそれぞれの苦しみを理解し辛くなっている現状を把握してあげて下さい。

この病気は症状が現れるのは患者様一人ですが、家族・周囲全体に大きな影響を与えます。家族全員にとっての課題と考え、乗り越えていくことが重要です。

治療経過はどうなる?


双極性障害の病気を克服し普通の社会生活を送れるかどうかは、躁状態や鬱状態が治ってからどのように治療するかにかかっています。

鬱病治療では、多くの場合1年程度で治療を終了することができます。しかし双極性障害は、途中で治療をやめてしまうと再発してしまい、これを繰り返すことで社会的ダメージが大きくなります。長期にわたる再発予防療法が必要となるのです。

早い段階で治療を軌道にのれば、1~3カ月に1度、定期的に診察を受けながら再発コントロールし続け生活することは十分に可能です。

有名人も悩んでた?


ドイツの文豪ゲーテ
は7年前後の周期で【ファウスト】【若きウェルテルの悩み】など多数の名作を残しています。そのために、彼も双極性障害であったのではないかと考えられています。

文学者に限らず、多くの天才は潜在的に双極性障害の要素を持つ人は多いのではないかといわれる人も居るのです。

いかがでしたか?

この病気になった多くの人にとって、双極性障害という病気は耳馴染みのないものであったかと思います。それ故に医師の診断を疑うひとや、ショックを隠せない人もいるでしょう。

しかし、双極性障害から人生を守ることが出来るのは自身だけです。今回の記事でいかに積極的な治療を望むかによって今後の人生に大きく左右される事を知って頂けると幸いです。

大事なのは信じあって治療をすすめるパートナーが必要です。そんな病院・協力者に巡り合えるようきちんと正しい知識を持って判断していきたいですね。

【引用・参考文献】
公益社団法人 日本精神神経学会
厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス
ゆうメンタルクリニック新宿院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。