タカはトビより小さいの?ワシはトビより大きいの?

 

タカ・ワシ・トビはタカ目タカ科に属していて、生物学上は同じ『猛禽類』という種別になります。餌も小動物の肉を捕食するなど同じです。

英語表記では、タカ(hawk ホーク)、ワシ(eagle イーグル)、トビ(kite カイト)というような表記となります。

【タカ・ワシ・トビの違い】


一般的な分類は、タカ科の中で比較的大きく、尻尾が短く、足が太い種類をワシといい、比較的小さく、足と尾が長く翼が丸い種類をタカと呼びます。

詳しい分類は次の通りです。

タカ:全長50~60cm、翼開長約100-130cmのオオタカ、全長75~80cm、翼開長約160~170cmのクマタカなどの種類がタカと分類されます。

ワシ:タカ目タカ科の中で大きいものがワシです。全長88~120cm、翼開長約220~250cmのオオワシ、全長75~95cm、翼開長約168~220cmのイヌワシなど種類がワシと分類されます。

トビ:タカよりもさらに一回り大きく、「ピーヒョロロロ」という鳴き声で輪を描くように飛ぶのが特徴です。 羽に白い斑点があり、尾羽が扇形をしています。

このような違いはありますが、あまり違いはなく、主に大きさや模様で種類がわかれています。バードウオッチングをする際には専門家でも区別は難しいと言われています。

【野鳥トンビの鳴き声】

【日本でのイヌワシの現状】


日本の山岳地帯には「イヌワシ」と「クマタカ」の2種類の大きなタカがすんでいます。イヌワシは北アメリカやユーラシア大陸の草地や低灌木が分布する地域に生息しています。

日本では北海道から九州まで分布していますが、中部地方から東北地方に特に多く生息しています。野兎・山鳥・蛇などの小動物を主食としています。

そんな「イヌワシ」は現在絶滅の危機に陥っています。絶滅の危機に陥っている原因として、ダムや林道の建設工事、営巣地付近での伐採、営巣場所への人の接近などがあります。

また、産卵しないペア、餌不足によるヒナの死亡、卵がふ化しないという報告が1986年以降に増加しているという事があります。

イヌワシを含む猛禽類の保護には環境を保護する事にもつながってきます。猛禽類は餌動物の個体数の減少や環境汚染物質の蓄積など、環境変化の影響を敏感に受けやすい生物です。なので、猛禽類は生物が豊富で健全な環境がなくては生存できないのです。

環境を保護する事の他に、日本鳥類保護連盟では環境省の委託を受け、日本イヌワシ研究会会員や動物園水族館協会と共同で「イヌワシ復活作戦」に取り組んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。