登別温泉の魅力

 

登別温泉とは北海道にある登別市にある温泉街の事です。宿泊や日帰りの出来る温泉がたくさんあります。新千歳空港から車で約1時間、札幌から車で約1時間40分の場所に位置しています。JR登別駅からは約10分のところに温泉街があります。

登別温泉の魅力の一つに足湯があります。大湯沼川の天然の足湯です。温泉が出ている沼から溢れ出たお湯が川となっていて、そこで足湯を楽しむ事が出来ます。

【登別温泉の天然足湯と間欠泉(2)】

【登別温泉の泉質】


・硫黄泉
毛細血管や冠状動脈を拡張させる働きがあるため、慢性気管支炎や動脈硬化症に効きます。

・塩化物泉
保温効果が高くて、ポカポカと湯冷めしないため「熱の湯」とも呼ばれます。

・含鉄泉
空気に触れると赤茶色となり、タオルが赤っぽくなります。金属味がすることも。良く温まり、貧血症や慢性湿疹などに良いです。

・ラジウム泉
主体はラドンとトロンで万病に効く温泉として昔から人気があります。特に鎮静作用があることから神経痛、リウマチ、更年期障害などに良いです。

【登別温泉の日帰り・ランチの楽しめる温泉】


・登別万世閣 料金:大人1,100円 子供550円
日帰りでも利用できる温泉は大浴場、露天風呂ともに乳白色の湯でジャグジー、スチームサウナもありのんびりと温泉を楽しむことができます。

ランチはバイキング(土日祝日限定)、和食処でのプラン、客室を利用しての個室での食事プランを楽しむ事が出来ます。

・第一滝本館 料金:大人2,000円 子供1,000円
温泉は源泉掛け流しで源泉も7種類あり、色々な温泉も楽しむことができます。大浴場からは温泉を楽しみながら地獄谷も眺めることができ絶景の温泉を楽しむことが出来ます。

ランチは日帰り温泉の料金に+500円で、お食事処で使える1,000円分のお食事券をもらう事が出来ます。

・登別グランドホテル 料金:大人1,500円 子供500円
昭和13年創業から続くモダンスタイルのドーム型ローマ風大浴場や硫黄の香りが漂う庭園露天風呂があり、食塩泉・鉄泉・硫黄泉の3種類の泉質の温泉を楽しむことができます。

この温泉には家族風呂があり、小さい赤ちゃん連れのお客様にも気兼ねなく温泉を楽しむ事が出来ます。

ランチは食事処松前で北海道の新鮮な海の幸、いくら丼や、うに丼を頂くことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。