プラシーボ効果 偽薬でも偽手術でも治ると信じれば治る事がある

 

貴方は【プラシーボ効果】をご存知でしょうか?

『病は気から』という言葉がありますが、実は頭痛薬でもないものを『コレは頭痛薬だ。これを飲んだら頭痛が治る』と信じてのむと頭痛が良くなった気がする人がいます。

実はこのようなことをプラシーボ効果と呼びますが、上手く付き合うことで医療にも貢献できるのではないかと期待されています。

今回はそんな不思議な効果、プラシーボ効果についてご紹介します。

【驚愕】思い込み(プラセボ効果)で病気が治る実験結果が明らかに


そもそもプラシーボ効果とは?


例えば実際の薬として効果のない乳糖(にゅうとう)やでんぷんなどを、錠剤やカプセルにし一見本物の薬のようにした物を用意します。それを頭痛薬として患者に服用してもらう実験をしたところ、約半数の人が治ったという事例があるのです。

実際の薬品の効果以外にも、『薬を飲んだ』という事自体に安心し、自身にある自然治癒力を引き出すのかもしれません。これを「プラシーボ効果」と呼びます。(ちなみに、プラシーボとも、プラセボとも呼ばれますがこの違いは英語読みかラテン語読みかの違いで意味は同じです)

しかし、プラシーボ効果があれば薬はいらなくなるのかといえば、それは違います。なぜならプラシーボ効果は人によって効果に差が出やすく、積極的な治療効果が期待できません。

本来の薬は出来るだけ多くの人に対して安定して高い効果を発揮するように作られているので勝手に自己判断で現在服薬している薬をやめることは控えて下さいね。

医療現場でもプラシーボ効果は使われている!!


実際に臨床試験の場面でも、プラシーボ効果は使われています。治験薬の効果を調べるには、すでにある似た薬と比較する方法が一般的です。しかし、治験薬がいままでにないタイプの新薬な場合、比較すべき適当な薬がないこともあります。

その場合には、見た目・味を新薬とまったく同じにした偽薬をつくり、比較試験を行います。この場合、先程述べたように既に思い込みで体調に変化が現れる場合があります。

そこで、担当医師も被験者(患者)にも渡される薬は新薬なのか偽薬なのかはわからないようにし、新薬と偽薬で比較してはっきりと効果が上回ると判断されたから初めて薬の効果として認められるのです。

プラシーボ効果による鎮痛効果


1950年代には、すでに疼痛に対してプラシーボ効果が認められることが報告されているそうです。特に痛みという症状は心理的な影響を受けやすい面があり、たとえ実際には効果のない錠剤でも飲む側が「これで良くなる」と思うことで痛みが和らぐのです。

民間療法でも使われているプラシーボ効果


皆さんも目にしたことがないでしょうか?所謂民間療法や健康食品の広告でみられる、「これで○○が治った!!」、「△△が改善した!!これらの中にはプラシーボ効果によるものも可能性があります。

一般に、プラシーボ効果でよくなるのは三割程度といわれており、症状によってはそれ以上の効果も期待できます。したがって、効果のあった人たちの口コミのみを掲載すれば素晴らしい広告が出来上がる…というわけです。

もちろん全てがそうとは限りませんが、そういった可能性も視野に入れて購入を検討することも大事ということを忘れないで下さいね。

パーキンソン病でもプラシーボ効果が?!


2015年にオハイオ州の大学研究者が発表した研究報告において、【薬効成分を含まない二種類の薬を用意したところ(Aでは注射1回1万円に対し、Bでは1回15万円の薬)、同じ薬でも金額が高い方が効果を実感しやすい】という可能性を示しました。

パーキンソン病とは、手足の震えや精神症状などを呈する原因不明の病気です。進行性で現在のところ根治療法はない病気なのですが、プラシーボ効果が現れやすいという特徴もあるようです。

今回の結果で価格という外的な情報からも、プラシーボ効果に強弱がつくのではないかということがいえるかと思います。我々でもなんとなく高い薬や栄養剤のほうが、効果が出る気がしますよね?

パーキンソン病患者が見せたプラシーボ効果に対する反応は、彼ら自身の経験に対する期待から引き起こされたものであるということなのです。ただ、高い薬を払っても実はどちらも薬効成分のない偽薬とは患者さんも思わなかったでしょうね。

プラシーボ効果で大事なこと


治療面に関して重要なことは、『如何に科学的に治療するかではなく、如何に苦痛をなくし病気を治癒せしめるか』にあります。そのためには、プラシーボ効果の様な心理的なアプローチも必要になってきます。

ただ、忘れてはいけないことは【その治療の効果のどこまでが本来の効果か、どこまでがプラシーボ効果かをきちんと区別する必要がある】ということです。プラシーボ効果というものをいかに上手く活用していくかが重要なのではないでしょうか?

先程記述したように、各地でよく見る大部分の健康食品や民間療法では、本来の効果とプラシーボ効果が混在しどこまでが実際の効果であるのかぼやけてしまっていることが問題と思われます。

現在の情報あふれる中では真実にたどり着くことは逆に難しいかもしれません。だからこそ、自分の目でしっかりと確かめて検討する重要さを今一度考え直してみて下さい。

如何でしたか?不思議な力ではありますが、実際に体調に良くも悪くも影響するこの効果。医療現場以外でも普段からこのプラシーボ効果を上手く付き合ってより良く自分の力を発揮できると良いですね。

【引用・参考文献】
武田薬品工場株式会社
痛み専門治療院
プラセボ製薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。