オランダ どんな感じ? Ⅰ

 

・日本人が抱くオランダのイメージと特色


やはり、風車とチューリップ。また、日本との関係はヨーロッパ諸国の中では、江戸時代の鎖国下で唯一外交関係を続けた国という印象が強いのではないでしょうか?

その他には、実は身長が世界1高いオランダ人。男性が184㎝、女性が171㎝です。日本人の男性平均身長とオランダ人女性の平均身長が大体同じくらいということからもがうかがい知ることができます。

そして、ケチということも言われているそうですが、それは、多くの人がブランド品に興味がなく質素な身なりを好むということからとの話だそうです。

・オランダという国はどういう国なのでしょうか?

オランダは立憲君主制の国家なので、国王がいます。

国民はゲルマン系オランダ人が83%、移民が17パーセントを占めていて、移住してきた人達の系統は、トルコ人、モロッコ人、または旧植民地時代のインドネシア人等が住んでいるそうです。

公用語はオランダ語ですが、北部のフリースラント州という所ではフリジア語という私達には耳なれない言語も公用語とされているそうですが、国民のほとんどが英語を話せるという事です。

ヨーロッパは色々な言語の国と隣り合っているので、バイリンガルやトライリンガル、さらにはもっと多くの言葉を操る人も少なくないそうです。

・オランダの交通事情

動画:オランダ朝の自転車ラッシュアワー


交通事情は、人口と自転車所有率がほぼ同数。高価な自転車を持つ人も多いそうです。移動する手段として愛着を持っているんでしょうね。

ほぼすべての幹線道路に自転車と小型バイクが走行するレーンがもうけられているそうです。
そして、自動車所有率も世界一位。道路は欧州自動車道路でドイツ、ベルギーなどの隣国と直結しており、利用も無料。

鉄道もオランダ国内で同一賃金支払いシステムが敷かれており、公営、民営を問わず同じ回数券、ICカードが使用できるということから大変交通のシステムが整っていると言えるでしょう。

オランダは日本からは遠い国ですが、昔からつながりのあった馴染みの国もあり、親近感が沸きます。そして、様々な世界一を所有している興味深い国でもありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。