スズメバチ この厄介な隣人

   2015/02/04

毎年、熊よりも蛇よりも多くの犠牲者を出していることで知られる大型のハチ・スズメバチ。

近くをブンブンと飛び回られて、生きた心地がしなかった・・・・・・という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。スズメバチから身を守るための対策は?


スズメバチとは

スズメバチには約 70 の種類があり、日本にいるのは 16 種類です。特に危険とされているのが、山でよく見かけるオオスズメバチ、民家の近くに巣を作るキイロスズメバチです。ハチの毒針は産卵管が変化したものなので、刺すのはメスだけです。巣を守る役目を担うメスの働きバチが、敵を攻撃するのです。

そして、スズメバチはミツバチと違い、他の生き物に毒針を刺しても自分が死ぬことはありません。つまり、何度も刺してくる可能性があるのです。

恐ろしいアナフィラキシーショック

2014 年 9 月 11 日に発表された厚生労働省の人口動態調査によると、2013 年にハチに刺されたことが原因で亡くなった方は 24 名。

大部分がキイロスズメバチ・オオスズメバチによるものです。

犠牲者が最も多かった年は 1984 年で、73 名もの命が奪われました。

蜂刺されによって命を落とす原因に、「アナフィラキシー」というアレルギー反応があります。

スズメバチに刺されると、体の中にハチの毒に対する抗体ができます。

抗体ができたあとに再び刺された時、もともと人間の体の中に存在するおもにヒスタミンという物質が作用して、重い症状を引き起こすことをアナフィラキシーショックといいます。

アナフィラキシーは症状が出るのが早く、重症化する場合ほどショック症状も急だといわれています。(死亡例の過半数が、刺されてから 30 分以内にショック症状が出ています)症状は全身のじんましん・嘔吐・めまい・寒気・呼吸困難などです。

また、受診の時に軽症であっても、24 時間は注意が必要です。しかし、初めて刺された場合にはアレルギー反応は起こらないというわけではありません。蜂毒にも少量のヒスタミンが含まれていることから、多量の蜂毒が同時に体内に入った場合、初めての蜂刺されでもショック症状が起きることがあります。

アナフィラキシーは、2度刺されたからといって必ず起きるものではありませんし、1 度目ならば絶対に起こらないというものでもありません。また、「アシナガバチに刺された後にスズメバチに刺された」など別の種類のハチに刺されてショック症状が起きた例も稀ですが報告があります。

いつ起きるのかがわからないからこそ、刺されないための備えが大切です。なお、自分に蜂毒に対するアレルギーがあるかどうかは、アレルギーを扱う医療機関で調べることができます。(ミツバチ・アシナガバチ・スズメバチ抗体について、それぞれ別々に検査できます)

building-154304_640









スズメバチの敵意のサイン

こうしたスズメバチ被害は、8〜10 月に集中しています。なかでも、繁殖期をむかえる 9 月には、スズメバチの警戒心がとても強くなっています。

やむを得ず山道などを歩くときは、威嚇行動をとっているスズメバチがいないか十分に注意しなければなりません。

スズメバチが自分の周りをブンブンとしつこく飛び回ったり、そのまま狙いをつけるように空中で停止したりしていたら、それはあなたを敵だと思っているサインです。

顎を噛み合わせて「カチカチ」という音を出していたら、かなりの危険信号です。

巣を見つけたときの対策

自宅の近くに、スズメバチが巣を作っている!そんな時はまず、落とそうとせずに最寄りの保健所やお住まいの市町村の担当課に相談しましょう。対応は地域によってさまざまです。

大きく分けると、無料で駆除をしてくれる場合・有料の駆除業者を紹介し、費用の一部を負担してくれる場合・駆除業者を紹介してくれるが、かかる費用はすべて個人負担の場合があります。

防護服の貸し出しをしている自治体もあります。普段着で駆除を行うよりも安全なので、自分で駆除するしかないと思ってもまずは相談するのが良いでしょう。

a1180_009518








刺されないための対策

  • 長そで、長ズボンを着用。素肌を刺されるより被害が少ないです。
  • 白や黄色の服装や帽子を着用。黒いものに対して真っ先に向かってきます。これはスズメバチを攻撃する動物の弱点が黒い目であることが関係しています。
  • 殺虫スプレーを携帯。虫除けスプレーや虫除けクリームは、刺すハチに対しては全く役に立ちません。
  • ひとり行動は避ける。万一の場合、助けを求めることができませんし、おそわれたときも、小グループのほうが手際よく逃げられます。
  • 匂いに気をつける。化粧品や清涼飲料などに含まれる匂いのなかに、スズメバチに攻撃行動をもたらす警報フェロモンの成分が含まれていることが最近わかりました。多くの果物にも含まれている 2-ペンタノールは、オオスズメバチの場合最も活性が強いです。
  • 自分の体質を周囲に知らせる。ハチ毒アレルギー体質の人は「私はハチ毒アレルギー体質です」と記入した名札を普段から携帯するようにしてください。応急処置に役立ちます。

ハチアブマグナムジェット

新品価格
¥1,070から
(2015/2/4 00:27時点)

スズメバチ駆除用 ハチノックL 300ml 即効性蜂駆除用強力殺虫剤

新品価格
¥1,944から
(2015/2/4 00:27時点)

イカリ消毒 スーパースズメバチジェットプラス 480ml

新品価格
¥1,850から
(2015/2/4 00:30時点)

刺された時の対処

意識がもうろうとしたり、呼吸困難、血圧の低下などが見られたらショック症状の兆候。じんましん、発汗、吐き気、頭痛、腹痛など、刺された場所の痛みやはれ以外に、全身的な症状が出ます。

もっともひどいアレルギー反応では、血圧が下がったり、意識を失うアナフィラキシーショックがおきます。ハチ刺されによる死亡事故は全国で毎年 30~70 件ほどおきていますが、そのほとんどはアナフィラキシーショックが原因と思われます。

ショック症状の兆候が見られた場合は救急車を呼ぶか最寄りの医療機関に直ぐにいきましょう。近くにいる人は救急車を呼んでください。アナフィラキシーによる死亡例の多くでは、刺されてから 1 時間以内に死亡がおきています。多くが窒息死で応急処置として気道の確保や人工呼吸が必要なこともある。

アドレナリン携帯自己注射キット(エピペン)を携行している場合は、直ちに自己注射し、その場で体を横たえ、脚を少し高くします。おう吐がある場合、顔を横に向けて窒息しないようにして、できるだけ速やかに最寄りの医療機関を受診します。

★応急処置

  1. 毒は口で吸わず、指でつねって絞り出します。市販されている装置(ポインズンリムーバー)を使うと、うまく吸い出せます。野外活動のときは携帯しましょう。
  2. 傷口を冷やして毒のまわりを遅くする。腫れや痛みにも効きます。
  3. 薬を使う。はれや痛みがひどいときは、ステロイド軟膏を塗ったり、抗ヒスタミン剤を服用します。なお、アンモニアや尿を塗るのは効果がないばかりか有害です。

エクストラクター ポイズンリムーバー AP011

新品価格
¥2,450から
(2015/2/4 00:33時点)

【指定第2類医薬品】ベトネベートN軟膏AS 5g

新品価格
¥674から
(2015/2/4 00:35時点)

【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠 120錠

新品価格
¥690から
(2015/2/4 00:37時点)


人間から見れば小さな生き物ですが、調べてみると恐ろしさがわかります。

無茶をしたり、これくらい大丈夫だろうと思ったりせずに、細心の注意をはらっていたいものです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。