知ったかぶり 源氏物語

 

源氏物語の世界というサイトは源氏物語の紹介をとても詳しくしています。特に原文があるのが良いですね。源氏物語はやはり原文のリズムの良さ、美しさが際立っていると思うのです。意味が分からなくても、音読してみると日本語としての心地よさを感じると思います。

源氏物語はとても深い研究をされているのですが、それは深い学識のある方々におまかせして、ここでは源氏物語の世界をちょっとだけ覗いてみるだけにします。

源氏物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

新品価格
¥1,028から
(2015/2/2 16:12時点)

新源氏物語 (上) (新潮文庫)

新品価格
¥724から
(2015/2/2 16:13時点)

まろ、ん?―大掴源氏物語

新品価格
¥1,404から
(2015/2/2 16:14時点)

1.あらすじ(3部構成)

第一部

主人公は帝の子として生まれるが、母の身分が低く、帝の寵愛を集めるために、かえって苦労をして早世してしまう。母の記憶がない主人公にとって、母の生きうつしだという女御の藤壺は母代わりである。藤壺と父帝の手元で慈しまれて育った主人公は、姿よし、文武両道の少年になり光の君と呼ばれるようになる。

そんななか、元服と同時に臣籍降下させて源姓を与えられる。彼は左大臣家娘葵の上の婿となり、将来的にも約束されるが、宮中から追われたという思いは消えず、藤壺への思慕が高まる。

その後、藤壺と情を通じるという不実をおかし、源氏は次第に歯車を狂わせていく。女性を落とすのは貴族の嗜みでもあるが、源氏の場合は長く続くことがなく、細やかな気配りはするが、愛情は長くつづかない。
朝顔、空蝉、夕顔、末摘花と相手の女性の悲しさがしみる。

藤壺に血縁がありそっくりの少女を見かけ、困窮しているということで、手元に引き取る。若紫と呼んで可愛がられるが、後には情を通じてしまう。

妻である葵との関係は冷えたままである。が、長年の愛人である年上のひと六条御息所は葵の上を恨み、出産の際に葵は命を落とす。葵のなかにあった愛情を知り、源氏は後悔する。

父が亡くなったこともあり、源氏の立場が悪くなってくる。異母兄の東宮に嫁ぐはずだった朧月夜とのスキャンダルで失脚。須磨に逃げる。

その前に、穏やかな関係を築いてきた花散里と再会しておく。彼女は恋物語が描かれないまま、長く側に仕え、激しい感情が書かれぬまま、母のような暖かさを与える女性である。

須磨に行ってもちゃっかり明石の上とちぎって、後の中宮となる娘を得る源氏。女漁りは凄いが、子供は、表向きは源氏の父親の息子となっている藤壺との子以外は、葵の遺児とこの娘だけである。ゆるされて帰京したのちは、栄耀の道を歩みはじめる。藤壺の子、冷泉帝が即位する。

後に藤壺が亡くなり深い悲しみにある源氏だが、冷泉帝も父親が源氏と知り深い煩悶に悩まされることになる。。

源氏の邸宅、六条院が完成する。邸宅は四町を占め、院は四季の町に分けられ、春に紫の上、夏に花散里そのほかの人びと、秋は斎宮女御の宿下りの町(このために秋好中宮と呼ばれる)、冬に明石の上が住むことになる。

葵の遺児、夕霧が元服。父は学問を納めよとあえて厳しく接する。

父帝の子を思うからこその臣籍降下が、源氏に伝わらなかったように、夕霧は不満ながらも頑張る。そして、一瞬だが父の妻である紫の上に心ひかれるのである。この辺は、流石に親子。

政略の駒になる子の少ない源氏は、夕顔の娘玉鬘を養女として引き取る。玉鬘の争奪が貴族のきらびやかさと共に描かれる。夕霧と雲居雁の結婚、明石の姫の入内と子供たちが旅立つ。源氏の栄華が極まる。

a205f8ee7102d7e0d923ff2597bbe7b4_s







第二部

ここからは、苦労が増えます。モテ男に嫉妬していた人たちは、存分にざまぁと思ってください。

朱雀院は末娘の女三宮が頼りないのを心配し、源氏に降嫁させる。このころの皇女は皇族と結婚するか一生独身が多かったので、かなり異例である。 そうなると、紫の上は正妻ではいられないし、はばかることも多くなる。子供の時から源氏だけを頼って生き、他を知らない女性であるから、苦しみも深い。

女三ノ宮はどこか頼りなく、打てば響くようなところがなく、源氏は物足りないが正妻として大事に扱わねばならない。そんななか、夕霧の友人である柏木が、女三ノ宮に一目惚れをして恋を遂げてしまう。三ノ宮は薫という子を産む。まさに因果応報である。三ノ宮と薫は罪の意識が深く、薫は亡くなり、三ノ宮は出家する。

紫の上の健康はすぐれず、たびたび出家を願うようになる。源氏はこれを許さず、紫の上はせめて仏事に専念するようになる。紫の上が亡くなり、源氏は深い孤独に陥る。源氏亡くなる。

第三部

源氏死後の世界 。

源氏の繁栄は明石中宮と今上帝の皇子たちで揺るがない。三宮は匂宮と呼ばれ特に色好みで、薫と並ぶ世の華である。

宇治十帖へと続く。

きらびやかな女あさりの物語と思われがちですが、根底にあるのはやはり無情感。関わった人に恋愛はできなくなっても、細やかに心を配り誠実であろうとする。それは罪滅ぼしでもあるのでしょうが、その行為が現世に繋ぎ止めています。

紫の上や自分を頼る人を思えば、安易な出家も出来ないし、出世も必要になります。誠実さと仏道とは交わることが出来ないのかという問題が裏に提示されています。

zen-509371_640






2.登場人物

多すぎるので Wikipedia 参照
源氏物語の登場人物 – Wikipedia

これだけいれば、一人くらいは好きな女性や男性ができますよね。きらびやかな宮中行事や歌を楽しむだけでもよいですし、楽しみ方は色々。わからないなら、大和和紀さんの「あさきゆめみし」や牧美也子さんの「源氏物語」という漫画もあります。全体が掴めたら、原文も楽しめます。対訳がある本もよいですね。

私は夕霧と雲居の雁の幼なじみカップルが好きです。子供の時からの思いを遂げたことで、それが出来なかった源氏が救われた部分もあるんじゃないかなと思います。あとは、惟光との主従関係のやり取りの面白さもよいですね。女性では花散里が悲しいけど暖かくて、六条院でもさりげなく気配りしていて好きです。

あさきゆめみし 美麗ケース入り 全7巻文庫セット

新品価格
¥4,807から
(2015/2/2 18:24時点)

源氏物語 文庫版 コミック 全6巻完結セット (小学館文庫)

新品価格
¥3,519から
(2015/2/2 18:25時点)

源氏物語―付現代語訳 (第1巻) (角川ソフィア文庫)

新品価格
¥864から
(2015/2/2 18:26時点)


3.宇治十帖はほんとに紫式部が書いたのか

意見が別れますね。文章の癖からの科学分析が行われてます。どうも違うという意見が強いですが、それよりもこの寂しい話に浸りましょう。柏木と女三宮の不義の子薫ら源氏の孫匂宮が、宇治八の宮の三姉妹(大君、中君、浮舟)の恋物語。薫が優柔不断で誠実なんだけど、それがかえって傷つけるという結果になります。

また、今をときめく二人が八宮(皇族)の娘とはいえ、隠遁生活をおくる彼女たちにひかれるのは何故か。皇族の女宮の悲しい立場が描かれ、女三ノ宮への父院の懸念とは、こういうことかと思いを馳せる。また、罪の子である薫の原罪というようなものにも迫っていく。つよい仏教色、無常感が全体を支配しています。

4.紫式部

「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな」百人一首の彼女のうたです。 学者、詩人藤原為時娘。幼少より漢字等を教育されました。当時の女性は「かな」を使うので、漢字を勉強するのは珍しいのです。

藤原宣孝に嫁ぎ一女を産みましたが、夫の死後、藤原道長と源倫子の結婚の際に、倫子付きの女房として出仕。二人の長女である一条天皇の中宮・藤原彰子に仕えました。源氏物語は彰子の威信を示す目的もあり、道長の強力なバックアップで宮中に広められました。もちろん物語が面白かったのが一番の理由ですが。道長とは愛人関係があったという説もあります。

清少納言の「枕草子」が故皇后・定子を追懐し、彰子を認めないために、彼女のことをかなり痛切に批判しています。清少納言は女性的ですが、紫式部はかなり男性的な視点でものを書いており、傾向の違いはあると思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。