スイスの高級時計の歴史

 

【スイスに高級時計メーカーが集まる理由】


http://www.kodokei.com/ch_063_1.html
スイスでの時計作りの歴史は16世紀の宗教改革にあるといわれています。宗教弾圧により優秀な人がスイスに逃れたのです。ジュネーブで時計作りが始まり、その頃ジュネーブでは大きな時計だけではなく、置時計や掛け時計、携帯時計など持ち運びが可能な時計がつくられていました。

歴史としてはフランスやドイツの方が時計作りとして深いのですが、スイスでは時計を主要産業として育てる事に世界で初めて成功したと言われています。

そして、スイスが他の国より時計作りが発達している点は、イメージ作りと芸術品のステイタスです。産業構造がしっかりしている事、芸術品のステイタスがある事からスイスに高級時計が集まるのではないかといわれています。

スイスには時計学校というものが5つほど存在します。一番古い学校は1824年にジュネーブで設立された「専門技術訓練学校(CFPT) ジュネーブ時計学校」という学校があります。

【超複雑時計の世界 ~スイス・独立時計師たちの小宇宙~】


【スイス時計のブランド】


・ブレゲ:アブラアム=ルイ・ブレゲが1775年に創業した時計メーカーです。創業の地はパリです。代表的なモデルに「トラディション」「クラシック」「マリーン」があります。
(値段:約800万円)



・パテックフィリップ:1839年に2人の人物によって創業された時計メーカーです。世界三大時計メーカーの一つとされています。代表的なモデルに「カラトラバ」「ノーチラス」「アクアノート」があります。
(値段:約2900万円)



・フランクミュラー:20世紀にフランクミュラーが創業した時計メーカーです。クレージー・アワーズというバラバラの文字盤が有名です。
(値段:約60万円)


・ヴァシュロンコンスタンタン:1775年にスイスのジュネーブでジャン・マルク・ヴァシュロンによって創業された時計メーカーです。
(値段:約200万円)



・ランゲ&ゾーネ:1845年にアドルフランゲによって創業された時計メーカーです。代表的なモデルに「ランゲ1」「グランド・ランゲ」「サクソニア」「トランスアトランティック」があります。
(値段:約400万円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。