太郎太刀も次郎太刀もある熱田神宮って実は格の高い神社だった…

 

【熱田神宮について】

熱田神宮は愛知県名古屋市の熱田区にある神社です。
アクセス:〒456-8585 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

名鉄神宮前駅を下車して徒歩3分で熱田神宮に到着します。ベビーカー、車いすの入場は可能ですがレンタルは行っていませんので注意してください。また、盲導犬以外のペットの同伴はできません。

熱田神宮は愛知県の中で一番参拝客が多く、全国的にも規模の大きな神社です。名古屋のパワースポットとしても有名であり、観光地としても人気があります。神宮内をぐるりと一周するには、30分から1時間かかります

熱田神宮のご利益は「家内安全」「無病息災」「開運招福」となっています。

熱田神宮の歴史は古く、1900年前にあるとされています。113年に日本武尊(やまとたけるのみこと)が伊勢の国で亡くなって、「草薙剣」を妻である宮簀媛(みやずひめ)が熱田に祀った事が熱田神社の始まりだと言われています。伊勢神宮の次に権威のある神宮だと言われています。

※草薙剣:日本神話の三種の神器の一つで、あとの二つには「八咫鏡(やたのかがみ)」と「八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)」があります。

「『熱田神宮』 草薙の剣で有名な名古屋市熱田区の神社」

【熱田神宮のお守り、御朱印、宝物館】

・お守り
熱田神宮には家内安全、身体健康、縁結び、安産など様々なお守りが売られています。

特に珍しいお守りでは、決まった期間でしか発売しない期間限定お守りや、お寺で多く見られるカードタイプのお守りがあります。お財布や定期入れなどに入るサイズなのでいつでも身に着けられます。

・御朱印
熱田神宮では御朱印の事を御神印と表しています。「熱田神宮」「別宮八剣宮」「上知我麻神社」の3つの御朱印がおいてあります。

お金を払う際に「お気持だけ」と言われるそうなので事前に値段を決めておくと焦らずに買う事ができますね。

・宝物館
日本古代建築を彷彿とさせる校倉風鉄筋コンクリート造の建造物で、昭和41年5月竣功、同年12月開館した博物館です。営業時間は午前9時から午後4時30分となっています。

・オススメ
熱田神宮のすぐそばにある「蓬莱軒」というひつまぶしのお店がとても有名です。行列ができるほどの有名なお店なので、一度行ってみたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。