お風呂掃除での悩みを解消! 2017

   2017/05/26

日々のお風呂掃除大変ですよね。
毎日使うものなので汚れてしまうのもしょうがないのですが。

『掃除の頻度が減らないものか・・・』
『あのカビと水アカがなんとかならないものか・・・』

と悩まれている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな悩めるあなたの少しでも手助けになればということで、掃除方法と対策をご紹介したいと思います!

お風呂のカビ対策



お風呂掃除といえば、まずカビの問題ですよね。

浴室の環境自体がカビにとって最適な環境なので仕方がないとはいえ、放置もしたくないしなんとかしたいところです。

ついたばかりのカビは意外にも簡単に落とすことができますが、根が深いカビに関しては少しばかり対処が必要です。

最初に思いつくのはカビキラーなどのカビ取り剤でしょう。
ですが、根深いカビは吹きかけて表面に塗るだけではとれません。

そんな時はカビ取り剤を塗った上からキッチンペーパーやサランラップで密閉して、漂白成分をカビの根深くまで浸透させましょう。

しかし、それでもとれないカビがいるんです・・・。

そんな頑固なカビには、『ミョウバン+水=ミョウバン洗剤』や『重曹+ぬるま湯=重曹洗剤』などを作って頑固なカビをやっつけましょう。

上記の特別洗剤を頑固なカビに吹きかけたら、2〜3時間放置すれば頑固なカビにも対処できます!

さらにカビは目に見えないところにもカビ菌がいますので、掃除の際には壁や天井も併せて掃除をしましょう。

キレイに見えても実はカビ菌がおり、カビ菌の胞子をばら撒きますので要注意です。

そして掃除の最後には、45度以上の温水で浴室内を流してカビ菌を死滅させて仕上げましょう。

浴室のカビ菌は45度以上で死滅すると言われているので、45度シャワーを習慣付けることが浴室内をキレイに保つ第一歩ですね!


お風呂の水アカ対策



カビの次にお風呂掃除で気になるのは、浴室内の鏡や蛇口に付いている水アカです。

お風呂の洗剤でこすってもとれない水アカもなかなかの頑固さです。

そもそも水アカとは水の金属成分が原因で、蒸発すると白い化合物ができてしまうのです。

そんな頑固な水アカに有効なのは『クエン酸』です!
クエン酸もミョウバンや重曹に並ぶ定番のお掃除アイテムです。

使い方はカビの落とし方と同様に、『クエン酸+水=クエン酸水』を作って水アカに吹きかけてこすってあげましょう。

しつこい水アカには、キッチンペーパーやサランラップで水アカに密着・浸透させた後しばらく放置してから洗い流しましょう。

お風呂を綺麗に保ちましょう



お風呂掃除の方法は、色々な道具や方法を駆使すれば頑固なカビや水アカも落とすことができます!

しかも、専門的な道具を使うことなくできてしまいます。

ミョウバンや重曹やクエン酸は100均などでも準備できるものもあり、水やお湯と混ぜるだけという簡単かつリーズナブルに準備できます!

あとはいかに頑固なカビや水アカに浸透させるかというポイントさえおさえてしまえば、お風呂はピカピカになるでしょう!

お風呂掃除のもう一つのテーマとして掃除の頻度をいかに少なくするかです。

頑固なカビや水アカも日々の予防をしておけば防ぐことができ、掃除の手間を大きく削減できます。

まずは入浴後に浴室全体を冷たいシャワーで一通り流すことによって石鹸カスなどをキレイに流して同時に浴室内の温度を下げることです。

その後必ず換気扇を回して浴室の湿気をなくすようにしましょう。
浴室は乾燥第一です!

もしも、少しでも気になったら早めにカビキラーなどを吹きかけて対処しましょう。

早めに対処すれば、吹きかけて後から流すだけで汚れは落ちます。

そして、カビ対策のところでも紹介しましたが、一週間に一回は45度以上のシャワーで浴室内を流してカビ菌を死滅しましょう。

浴室内をピカピカにしたら、常にそれをキープできるように日々の予防も併せて実施することがお風呂掃除の極意です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。