クエン酸を使った掃除!2017

 

毎日のお掃除をより安心にお手頃に、そしてより綺麗にしたいですよね!
掃除は日々することですし、手軽さがとても重要になると思います。

そんなテーマにぴったりの商品がクエン酸なのです。

クエン酸は人間や動物の体内にも存在しますし、食品添加物やサプリメントにも使われている無色無臭の安全な成分です。

ですから、長時間素手で触ったり大量に飲み込んだりしない限りは害は全くありません。

そんな安全な成分なのに、使い方次第でお掃除の際に素晴らしく力を発揮するのです。

酸性のクエン酸は特にアルカリ性の汚れに大活躍します!

お値段も100均で売っていたりするので、毎日バンバン使っても経済的に安心です。

今回は、そんな有能な『クエン酸』を使ったお掃除方法をご紹介していきたいと思います!

クエン酸の掃除での使い方


暮らしのクエン酸 330g

新品価格
¥238から
(2017/5/24 13:58時点)

無水クエン酸 1kg 食品添加物規格(食品) 純度99.5%以上 チャック式アルミ袋 [01]

新品価格
¥680から
(2017/5/24 13:59時点)

大洋製薬 食添クエン酸 500g

新品価格
¥582から
(2017/5/24 13:59時点)


まずは掃除の際の使い方ですが、準備も簡単です!

クエン酸を水で溶かして『クエン酸水』を作りましょう。
あとはスプレーボトルに入れて洗剤として使用するだけです。

クエン酸は水に非常に溶けやすいので、汚れに応じてクエン酸の濃さをご自身で調整してください。

準備ができたら汚れている部分に直接吹きかけて使用しましょう。
クエン酸には細菌の増殖を抑える抗菌効果があり、さらに汚れを落としつつ消臭除菌効果も期待できます。

クエン酸が効く汚れは・・・

・キッチンなどの水回りについた、『水アカ』 
・トイレの『黄ばみや尿石』
・お風呂の『石鹸カス汚れ』
・洗濯槽についた『炭酸カルシウム』


などがありますが、特にキッチンなどの食品を扱う所を無害なものでお掃除できるので安心ですね。

消臭除菌効果もあるので、このW効果を利用してペットコーナーや丸洗いがなかなかできないカーテンやクッション、床までクエン酸水で掃除できます。

特にトイレ掃除の際には特にクエン酸が力を発揮できる汚れがありますし、同時に消臭除菌効果があるのでおすすめです。

頑固な汚れには、ティッシュやキッチンペーパーを巻きつけてたっぷりクエン酸水をスプレーして放置しましょう。

汚れの具合によって放置時間は調整が必要ですが、頑固な汚れには十分にクエン酸の成分を染み込ませましょう。

さらに応用編としては、お風呂の排水口などの石鹸カスや皮脂よごれなどには粉末の重曹をかけて、その上からクエン酸水をスプレーしてあげましょう。

すると強力な洗浄効果を持つ炭酸ガスが発泡とともに発生して汚れを除去してくれます。

当然この炭酸ガスも無害ですよ。

他にもクエン酸水を使ったお掃除アレンジはありますので、上手にクエン酸を活用してお家の汚れを綺麗にしましょう。

クエン酸使用時の注意点



安全な成分であるクエン酸ですが、使用時のいくつかの注意点もありますのでご紹介します。

・塩素系のものと一緒に使用すると有毒ガスが発生します。
・セメント・大理石などに使用すると傷んでしまったり、酸性なので金属などが錆びることがあります。
・天然成分とはいえ、目などに入った場合は痛みを感じることもありますので十分に洗い流すことと、痛みが残る場合は病院に行くことです。
・人の体内にも存在する成分ですが、大量に飲み込んでしまった時は病院に行きましょう。
・クエン酸は湿気に弱くカビが生えやすいので、保管の際は乾燥した冷暗所にて保管しましょう。


抗菌・消臭除菌の効果を持つクエン酸のお掃除での活躍の場は本当にたくさんありますし、使い方次第で汚れが頑固なものや丸洗いがしづらいものや洗いにくいところなど、色々なパターンのお掃除に使用可能です!

併せて体に影響のない天然成分ですし、お手頃ですので本当におすすめです!

使用時の注意点をしっかりおさえて、クエン酸をうまく活用してお家の汚れをキレイにさっぱりしてしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。