つわり対策!2017

 

妊婦のみなさま、つわりって大変ですよね。

新しい命を授かった嬉しさや楽しみもありますが、まずは『つわり』を乗り越えるのが第一関門だと思います。

人によって様々な症状がある『つわり』ですが、時期も度合いにも幅があります。

今回は、これから体験するという不安のある人や、今まさに苦しんでいる真っ最中の人まで少しでも不安や辛さを軽減できるように対策方法などをご紹介していきたいと思います。

つわり対策に適した食べ物



つわりの代表的な症状として吐き気をもよおす『吐きつわり』がありますが、食事が食べられなくなったり匂いにも敏感になり大好きな食べもので吐き気をもよおすこともあります。

そんな吐きつわりのパターンの場合に食べやすいモノをご紹介します。

・炭酸飲料(できれば無糖の炭酸水)

・冷たいモノ(アイスやシャーベットなど)

・酸味のあるモノ(梅干しやレモンやグレープフルーツなど)

・フルーツ(スイカや梨にリンゴやバナナなど)

・のどごしのいいもの(そうめん、うどん、ゼリーやプリンにヨーグルトなど)

・スポーツ飲料

・パン

・ご飯などを冷やして食べる(冷やすことで匂いが軽減されます)


などなどがありますが、1番は自分が食べられるものを食べられるだけ食べることが重要です。

自分に合うものを見つけましょう。

つわり中は意外にも『フライドポテト』や『カレー』なら食べれるという人もいるので、常識にとらわれないように試してみてください。

他にもお腹の赤ちゃんのことを考えると栄養のことなど考えてしまいがちですが、まだつわりの頃のお腹の赤ちゃんはお母さんの蓄えられた栄養で十分ですので、お母さんの体力がなくならないように食べられるものを食べられるタイミングで食べましょう。

特に水分だけは必ずとることです。

つわり対策グッズ



持ち運べる食べ物や食べ物以外にも対策グッズがありますのでご紹介します。

『シーバンド』

・元々はヨットや船乗りの為に開発された指圧バンドですが、乗り物酔いやつわりにも効果があるとされています。

今では妊婦用指圧バンドも売られています。

手首につけることで手首にあるツボ(内関)を、リストバンドのボタンが連続的に刺激することで吐き気を防止または軽減してくれます。

『生姜キャンディー・生姜ガム』

・生姜には昔から吐き気や気持ち悪さを和らげる効果があります。

その生姜を使ったガムやキャンディーです。

携帯できますし、薬ではないので副作用等もなく安心できます。

『マタニティ・リフレッシュアロマ』

・妊婦さんでも安心して使用できる精油を厳選ブレンドしており、ご自宅での芳香浴やハンカチやマスクに垂らして使用することで外出先でもリフレッシュしていただけます。

ディフューザーに入れて長時間お部屋に香りを拡散してリフレッシュするのもおすすめです。

『つわり対策CD』

・独自の音波や音階を直接内耳に伝えることで、脳から内臓器官へ伝わる吐き気のシグナルをブロックするというものです。

音楽を聞くだけなので手軽ですし、身体への悪影響の心配も全くありません。


お腹の中の我が子を見れるまでにお母さんは苦労が多く、その中でもつわりの時期はとても大変かと思います。

是非今回ご紹介した方法だけでなく、ありとあらゆる手を使ってつわりの苦しさを軽減して快適なマタニティライフを過ごしましょう。

この苦しみを乗り越えた先に可愛い我が子に出会えるので頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。