かっこよすぎ、抜刀術

 

勝新太郎の座頭市の凄い技や、るろうに剣心で有名な抜刀術。先に刀を抜いたほうが効率的なのでは?と疑問に思いつつも、その神業にはグッときますよね。

古式抜刀術―戦国時代の居合

新品価格
¥1,620から
(2015/2/17 21:31時点)

日本古武道大全 第1巻 剣術・居合・抜刀術? ()

新品価格
¥5,400から
(2015/2/17 22:12時点)

目で見て学ぶ居合道 新陰流

新品価格
¥2,160から
(2015/2/17 21:33時点)

1.どんなものか

抜刀術(ばっとうじゅつ )、居合術(いあいじゅつ)とは、日本刀を鞘から抜き放つ動作で一撃を加えるか相手の攻撃を受け流し、二の太刀で相手にとどめを刺す形、技術を中心に構成された武術であり、居合、居合術、抜合、居相、鞘の内、抜剣などと呼ばれます。

このうち、居合いは座って行う技の事を指しています。多くの抜刀術の流派が座った状態での抜刀技術を重視していたため居合と抜刀術が混在するようになりました。抜刀術の中では、居合いと立合いと分ける流派もあります。

刀を抜くと同時に相手に切りつける技は古くからありますが、室町時代末の林崎甚助(1542?〜1621?)が開祖とされています。
林崎は仇討ちのために剣術を稽古する中で、相手が至近距離で小刀を用いて突いて来た時、自分は鞘に納めた三尺三寸の長刀でどう対応するかということを悩み、林崎明神に祈念したところ抜刀術の極意に開眼、「神夢想林崎流」と呼ばれる流派をつくりました。

似たような言葉が多いので整理すると
抜刀 ただ刀を抜く動作
抜刀術 刀を素早く抜く動作
抜刀道 陸軍の作った戸山流居合道を基にした現代武道
居合 元来は座った状態から抜刀術、広がって抜刀術全般を指す
立合 立った状態からの抜刀術
居合術 居合を専門とする古流武術など
居合道 無双直伝英進流や夢想神伝流など土佐系居合術数流派を母体とした現代武道
となります。

現代武術の居合道は主に空間の形稽古を行い、刀を鞘から抜き放ちながら斬る技術が重視されています。試し斬りは一切行わない団体も多いです。試合は連盟の規定技や流派の形を演武し、審判員の旗の掲示による多数決や採点で評価することで勝敗を判定します。
現代武術の抜刀道は立ち技で畳表を袈裟斬りし、選手の作法、姿勢、畳の切口等を採点し、旗の多数決で勝敗を決める競技。刀を抜いた状態から大技で両断するような動作が多いです。

技斬り全集 – 全日本抜刀道連盟 (Complete Japanese Sword Cut Technique)



2.刀を抜かせないのが真髄

パッと見は派手ですが、そもそも剣術に対抗できるのか、存在意義はあるのかといった論争は江戸時代からあります。剣術を表道、居合いを裏道などと呼んでいました。
そもそも、帯刀して座るという習慣がなかったので、座った状態から刀を抜くというのが非現実的な状況だという指摘もあります。

しかし技術としては、対手の攻撃は当たらずこちらは切れる角度と距離を作る対処を追求していった結果、対手がどうシミュレートしても返し技を受けることが分かるようになり、手が出せなくなる状態を目指す。つまり、相手を殺すのが目的ではなく、相手に刀を抜かせないようにするのが目的です。

一方で、幕末などではすれ違い様、出会い頭の暗殺術としての抜刀術も隆盛しました。

3.居合いの速さ、威力

抜いてる刀より先に相手に到達出来るのか?かなり疑問ですよね。
剣を抜く動作がそのまま切りに繋がっていて、それが速さになります。刀を抜く動作、鞘を引く動作を組み合わせることで抜刀までの速度が早くなります。

また、鞘と刀の摩擦抵抗で力を貯めて、鞘から離れた時の剣速が速くなるという理論も唱えられています。つまり、鞘がレールの役目をしているという理屈です。
また、相手が振りかぶった状態などで停止していれば、まずは脳が停止やめ→切る動作をしろという二段階になるのと、どうしてもテイクバックするので、一気に刀を突き出せる点で有利という理屈もあります。

片手だから威力がないということも言われますが、日本刀は「重いカミソリ」で触れたら切れちゃうので、十分ということも言われます。

lgi01c201403010800









4.使う日本刀について

日本刀、居合刀、角帯などを使います。日本刀については稽古用に刃引きしてある刀を使用する流派もあります。

・模擬刀
日本刀を模して作成された用具のこと。銃刀法に規定された模造刀剣類に定義される物の一部である。抜刀術や居合道の修練用のものから床の間の飾りまである。真剣と違い刃物ではないため、所持許可証や登録証を必要としない。

・模造刀
金属で作られ、かつ、刀に著しく類似する形態を有するものを指す。銃刀法での模造刀剣類に相当する。広義では、日本刀を造るための伝統的技法や材料が使われていないもの、及び、儀礼刀などの刃が付けられていないものを指す。

・練習用の居合刀
比較的丈夫にできているもの、型の修練に使う。

・試し切り
抜刀道や居合道といった武道における試し斬りでは、主に畳表を巻いたものを使用。対象に対して、40 – 45度ほどの角度で斜めに斬りつける「袈裟斬り」と呼ばれる斬り方が有名。畳表を人間と考えた場合、肩口・脇下より斬りつけることになる。水平に切る横一文字が一番難しい

5.やってみたい

ホームページ居合道 道場案内書
さまざまな流派の紹介とともに、道場が検索できます。自分がやりたいスタイルの道場を見学しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。